大会・イベント情報2013“天空の道”を駆け抜けるプレミアムツアー 「立山アルペンヒルクライム」6月23日に初開催

  • 一覧
立山連峰を走る 「立山アルペンヒルクライム」(資料写真)立山連峰を走る 「立山アルペンヒルクライム」(資料写真)

 登山などで人気が高い「立山黒部アルペンルート」を舞台とする初のサイクリング大会「立山アルペンヒルクライム」が6月23日、富山県立山町を起点に開催されることが決まった。自然保護のため一般車両では立ち入ることができないエリアにコースを設定。「ロングコース」と「ネイチャーライドコース」にそれぞれ100人ずつ参加者を募集する。

アルペンルートの自転車大会はココだけ

 大会では、国内有数の山岳観光地である立山黒部アルペンルート「美女平 天空ロード」を自転車で駆け抜ける。このエリアは、ラムサール条約登録湿地となった「立山弥陀ヶ原・大日平」や、立山カルデラなどの類い稀な自然環境に囲まれており、一般車両の乗り入れも禁止されている。

 実行委員会では、全国に先駆けてマイカー規制を実施した立山黒部アルペンルートを「最もエコな乗り物で走っていただくことで、私たちが守らなければならない自然の大切さを広くアピールしたい」として準備を進めてきた。“自然の聖地”というべき立山黒部アルペンルートを自転車で走行できるのは、唯一この大会だけとなる。

過酷な「ロングコース」 仲間やゲストと楽しむ「ネイチャーコース」

 大会で設定された2つのコースの特徴は、距離だけでなく内容も異なる。

立山黒部アルペンルート「美女平 天空ロード」にはダイナミックな自然が待つ(資料写真)立山黒部アルペンルート「美女平 天空ロード」にはダイナミックな自然が待つ(資料写真)

 ロングコースは、距離22.3km、標高差1473mの道のりを駆け上がる難易度の高いコース。平均勾配は6.6%。立山連峰の絶景の中で繰り広げられる猛者たちの戦いもまた、圧巻の風景だ。

 一方、ネイチャーライドコースは、ビューポイントなどで景色を楽しみながら距離7.6㎞、標高差520mの道のりを上る。順位はつかないが時間計測は行なわれ、完走証が用意される。

 ネイチャーライドコースでは、前日にガイドとともに立山弥陀ヶ原(みだがはら)・大日平へ散策するプランをセッティング。ラムサール条約に登録された湿原を堪能できるほか、自然を背景にした音楽鑑賞なども予定されている。

 いずれのコースも、自転車大会の常識をくつがえす、たった100人だけの募集。雄大な自然や絶景をエコに楽しむため、限られた参加者だけに許されたプレミアムツアーだ。

申し込み受付は2月15日午後2時から

 参加受付と宿泊ツアーのあっせんは、多くのサイクリング・ツアーを手がける「トップツアー」が担当。参加申し込み受付は2月15日午後2時に開始される。参加費用は、1泊2食の宿泊費と、現地での専用バス移動や自転車搬送をあわせて、ロングコース5万円、ネイチャーライドコース5万5000円。同社は「他では味わうことのできない自然と非日常の時間を存分に楽しんでいただきたい」とアピールしている。
 

「立山アルペンヒルクライム 2013」概要
 開催日: 2013年6月23日(日)
 コース: 立山黒部アルペンルート「美女平 天空ロード」(富山県中新川郡立山町)
 -ロングコース 美女平駅特設スタート地点~室堂特設フィニッシュ地点(距離22.3km、標高差1,473m、平均勾配6.6%)
 -ネイチャーライドコース 弥陀ヶ原特設スタート地点~室堂特設フィニッシュ地点(距離7.6km、標高差520m、平均勾配6.8%)
 主催: 立山アルペンヒルクライム実行委員会
 募集人数: ロングコース・ネイチャーライドコース各100人を予定
 参加料: ロングコース50,000円、ネイチャーライドコース55,000円
 参加資格: 大会当日に18歳以上の男女および以下に該当する方
 -ロングコース 規定時間以内に完走できる記録がある方(過去の参加大会の記録参照)
 -メイチャーライドコース 規定時間以内に完走できる自信がある方
 申込方法: 申込みページより ※2月15日受付開始
 
※費用に含まれるもの: 大会参加費および旅行代金(1泊夕朝食付、ホテル~スタート・ゴール地点間の専用バス移動、自転車の搬送)

「立山アルペンヒルクライム 2013」ウェブサイト

関連記事

この記事のタグ

イベント ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載