大会・イベント情報2019ビンテージバイクで巡る南房総「フェッロ・マリ・エ・モンティ」11月9、10日開催

  • 一覧

 千葉県南房総の秋の田園風景を、ビンテージバイクで満喫するサイクリングイベント「FERRO Mari e Monti in Boso 2019」(フェッロ・マリ・エ・モンティin南房総2019)が11月9、10日に開催される。台風15号の影響で、開催地も甚大な被害を受けた影響もあり、イベントの売り上げの一部は地元自治体に寄付される。

自慢の自転車を見せるフェッロ・マリ・エ・モンティの参加者 ©Rocky, rinproject

歴史と自然、ファッションを楽しむ

 フェッロ・マリ・エ・モンティは、スチールバイクやアルミバイク、さらにビンテージファッションで参加するサイクリングイベントで、コースの一部にはグラベルロードも組み込まれる。南房総の風景やグルメを味わいながら、古きよき時代のサイクリングスタイルを楽しめる。

南房総の壮大な景色が楽しめる ©Rocky, rinproject
ビンテージとスチール自転車がたくさん参加する ©Rocky, rinproject

 大会名はイタリア語の「鉄」(フェッロ)、「海」(マリ)、「山」(モンティ)に由来する。スチールバイクに乗りながら、海と山を楽しむというコンセプトを表す大会名だ。スピードよりかつてのサイクリングファッションと自転車の歴史を楽しむイベントだ。今年は5回目の開催を迎えるため、エントリーカテゴリーを5つに設定。明治自転車、大正自転車、昭和自転車、平成自転車、令和自転車、5つの時代の自転車が参加可能。スタートはコース別ではなく、古い時代の自転車から行うというユニークなスタート方法となる。

前夜祭に生伴奏のほか、自転車セミナーも実施 ©Rocky, rinproject
多くの宝物が潜むフリーマーケット ©Rocky, rinproject

 鋸山がそびえる金谷港に隣接する鋸山美術館(富津市)を出ると、房総半島の田園風景の中を疾走。東京に一番近い棚田「大山千枚田」経由で賀茂川にあるグラベルロードや、東京湾と富士山を望む勝山海岸を含むコースが楽しめる。

女性も多く参加するイベントに成長 ©Rocky, rinproject

 イベントは2日に分けて開催される。11月9日(土)はショートコース(44km)と自転車文化が組まれたプログラムが楽しめる。ロードレースの偉人たちの活躍を伝える上映会に加え、フリーマーケットが開催。ビンテージパーツ、ビンテージファッションが購入できる。さらに地元の演奏家によるミニライブが前夜祭で行われる。前夜祭中にバッカス事務所の松本敦氏より「日本自転車雑誌の歩み」という講演会も組み込まれ、自転車の歴史を存分に浸かる。

エイドステーションには歴史あるお寺で一休みできる ©Rocky, rinproject

 11月10日(日)は本格的なサイクリングの日で、コースは2つ。65kmの「ミドルコース」(獲得標高約850m)と本格的に長い距離を走りたい人のため99kmの「ロングコース」(獲得標高約1200m)を用意。イベントは田園風景と伝統を重んじるため、エイドステーションには、指定文化財の寺や地元の道の駅で秋の実りと郷土料理を堪能できる。コースクリエーターはモデルでスポーツジャーナリストのマルコ・ファヴァロさん。

※台風の影響でコースは変更される可能性がある。10月下旬に発表。

美しいジャージに身を纏う参加者 ©Rocky, rinproject
地元のラジオ局、かずさFMがイベントの様子を生中継する ©Rocky, rinproject

 コース上には約20km間隔でエイドステーション(AS)を設置。大山千枚田では地元のブランド米、長狭米のおにぎりが提供され、道の駅MUJIの里・みんなみの里では地元の食材で作った料理が味わえる。地域で作られた野菜も販売され、ASで購入してもゴールまで運んでくれるサービス付き。そして終盤には歴史のある寺でスイーツが楽しめる。どの寺も数百年の歴史を超えるもので、文化財として指定された彫刻も拝める。

 各コースには回収カーが付くため、メカトラブルなどにより自転車が走れなくなった場合も、回収カーがサポートする安心のサービス付きだ。

FERRO Mari e Monti in Boso 2019概要

■開催日2019年11月9日(土)、10(日)
■会場:千葉県富津市鋸山美術館前(旧金谷美術館)
・ショートコース:金谷港~カフェグローブ~宮醤油~金谷港
・ミドルコース:金谷港~大山千枚田~賀茂川地区~みんなみの里~二部グラベル~勝善寺から勝山海岸~金谷港(65km)
・ロングコース:金谷港~大山千枚田~賀茂川地区~みんなみの里~山名地区~智蔵寺~二部グラベル~勝善寺から勝山海岸~金谷港(99km)
■参加費:ショートコース:5,000円、ミドルコース:7,000円、ロングコース:8,000円(JVR会員は割引あり)、前夜祭:5,800円
■主催:フェッロ・マリ・エ・モンティ実行委員会
■後援:在日イタリア大使館、富津市、鋸山美術館

フォトギャラリー


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

千葉県 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載