ジャパンカップが最後のUCIレースキナンサイクリングチーム、雨乞竜己選手が2019年限りで現役引退表明

  • 一覧

 熊野地域を拠点とするUCIコンチネンタルチーム、KINAN Cycling Team(キナンサイクリングチーム)の雨乞竜己選手(27)が、2019年シーズンをもって現役を引退すると発表した。10月20日に開催されるジャパンカップサイクルロードレースが雨乞選手にとって最後のUCI公認の国際ロードレースとなる。今後の進路については現時点では公表されていない。

2019年限りでキナンサイクリングチームを引退する雨乞竜己選手 ©KINAN Cycling Team

「張り詰めていたものが解かれた」

 雨乞選手は2017年に同チームに加入。同年3月の宇都宮クリテリウムで2位とセンセーショナルなチームデビューを飾って以降、持ち前のスピードと勝負勘でエーススプリンターとして確たる地位を築いた。また、同年10月のジャパンカップクリテリウムでは、並み居る世界の強豪との激闘の末、4位入賞を果たした。

 平地系レースでのスプリントにとどまらず、山岳系のレースではアシストとしても機能。2017年のツール・ド・北海道やツール・ド・おきなわ、2018年のシャールジャ・ツアーなどでは、チームの上位進出に大きく貢献し、オールラウンドに実力を発揮。2018シーズンからは、シクロクロスにも本格参戦。愛知・岐阜両県をメインに転戦する東海シクロクロスシリーズでは、ホストライダーの1人としてレースを盛り上げた。

雨乞竜己選手のコメント

雨乞竜己選手 ©KINAN Cycling Team

 自転車に出会い、約10年。駆け足で進んできました。どれもかけがえのない日々でしたが、特にヨーロッパでの3年、キナンでの3年、この6年間は非日常な日々で、仲間とともに多くの喜怒哀楽を味わいました。スプリントに掛けた走りで、昨年は多くのアジアツアーに参戦させていただき、一流スプリンターらとの戦いの中で初めて満足いく形でスプリントに挑むことができました。

 自分の中でさまざまな精神的な葛藤があったので、何かを成し遂げた訳ではないのにフッと張り詰めていたものが解かれ、妙な感覚を覚えました。同時に恐怖心も芽生え、そこが分岐点だったのかもしれません。

 思ったことをカタチにできると信じることで、いまの自分が創り上げられました。信じ、突き進んでいくことで、偶然か必然か、自分の元へヒトまでをも導いてくれることを競技生活を通して学びました。なので、引退しても自分のライフワークから自転車がなくなることはありません! これからも「LOVE CYCLE」です。

 ジャパンカップ出場のほか、年内は各種イベント出席などチーム活動に従事するとともにシクロクロスにも数戦出場する予定となっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キナンサイクリングチーム 移籍・引退

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載