安全に自転車走行 交差点に青い矢印 宇都宮で運用開始

  • 一覧
交差する自転車通行位置を示す青い矢印。交差点内での運用は全国初。自転車の2段階右折を促す印も入れられた =宇都宮市(桑島浩任撮影)交差する自転車通行位置を示す青い矢印。交差点内での運用は全国初。自転車の2段階右折を促す印も入れられた =宇都宮市(桑島浩任撮影)

 宇都宮市今泉町の国道4号と市道が交差する宇都宮東警察署南交差点で12日、自転車の通行位置を示す青矢印を明示する工事が完了、運用が始まった。

 国土交通省宇都宮国道事務所によると、自転車は車道走行が原則だが、歩道を走行し、歩行者や自転車同士の接触事故も増えているといい、青矢印の明示は安全に車道を走行するための取り組み。

 工事は同日午前4時ごろ完了。青矢印が交差点内で明示されるのは全国初で、近くには通行方法を説明する看板11種70枚が設置された。同事務所職員ら18人がチラシを配るなどして周知に努めた。

MSN産経ニュースより)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載