オフロードを満喫する2日間10回目の「ラファスーパークロス野辺山」が11月23日に開催 翌24日はグラベルイベントに

  • 一覧

 英国発のサイクルアパレルブランド「Rapha」(ラファ)によるシクロクロスの祭典「ラファスーパークロス野辺山」が、今年は11月23日(土)に長野県の標高1300mに位置する野辺山高原・滝沢牧場で開催される。10回目の節目を迎える今年は、これまで2日間開催だったシクロクロスを1日とし、翌24日(日)にグラベルイベント「野辺山グラベルチャレンジ」を初開催する。両イベントとも11月8日までエントリー受付中だ。

「ラファスーパークロス野辺山」と「野辺山グラベルチャレンジ」が11月23日(土)、24日(日)に長野県の野辺山高原で開催 © Rapha

キッズから国際レースまで幅広いカテゴリーを実施

 「ラファスーパークロス野辺山」は2010年に第1回を開催。初回より海外から選手が訪れ、華やかな新世代のシクロクロスイベントとして注目された。2回目となる2011年に国際レースであるUCI-2の認定を受けたことで、毎年国際色豊かな選手が出場し、観る側も存分に楽しめるイベントとして発展してきた。昨年はさらに国内初のUCI-1へとランクアップ。今年も継続してUCI-1の認定を受けており、日本のトップ選手はもちろん、海外選手の参加も見込まれている。

トップカテゴリーでは国内トップレーサーと海外レーサーがハイレベルな戦いを繰り広げる © Kei Tsuji

 レースは幅広いカテゴリーを、朝から夕方までたっぷり実施。UCIの国際レースは男女エリート、男子ジュニアで、このほかAJOCCレースがC2~C4、CM1~CM3、CL2~3、CK、キンダーガーテンで行われる。

泥んこになってもゴール後は笑顔に © Kei Tsuji
キッズのレースも行われる © Kei Tsuji

 ハイレベルなレースの見応えに加え、「食べる、飲む」が楽しみな飲食ブースと、国内外のサイクリング関連ブースも「野辺山」の魅力。今年も多くの出展ブースが設置される予定だ。

野辺山の“会場”を飛び出して

八ヶ岳山麓の素晴らしい自然を楽しめるグラベルコース © Rapha

 24日に初開催となる「野辺山グラベルチャレンジ」は、八ヶ岳南麓に広がる未舗装(グラベル)の林道を含んだ道のりを巡るイベント。シクロクロス会場の滝沢牧場をスタート・ゴールとし、この日だけ通行可能な道も含んだコースを用意。シクロクロスのレースで使用した自転車で、そのまま参加が可能だ。

 コースは大きく分けて2つのステージからなり、八ヶ岳エリアのステージ1、川上エリアのステージ2が、それぞれ約35kmの長さで用意される。10年間にわたり多くのシクロクロスレーサーとファンが訪れてきた八ヶ岳の山麓で、シクロクロス会場を飛び出して、極上の景観を楽しめる周辺の林道と農道を縫うように特別なコースが作られた。

シクロクロスの会場を飛び出してオフロードと景色を満喫 © Rapha

 実施カテゴリーは、ステージ1と2の途中にそれぞれ設けられた約10kmの計測区間のタイムを競い上位を表彰する「レース」と、ステージ1と2を走行して所要時間を計測する「ロングツーリング」、またステージ1のみを走り所要時間を記録する「ショートツーリング」の、合計3つが行われる。レースカテゴリー以外はe-BIKEでの参加も可能だ。

 シクロクロスとグラベルのイベントを土日の2日間に行うことで、八ヶ岳の山麓の自然を、自転車とともに最大限に満喫できる週末となっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ラファ 大会・イベント情報 長野県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載