実業団連盟と自転車協会が共催小学生に自転車安全走行の技術をプロ選手が指導 前橋で「サイクルキッズ」初開催

  • 一覧
プロ選手の井手川直樹選手(左端)と飯野智行選手(右端)をゲストに「サイクルキッズ」にて自転車安全教室を実施 Photo: Bicycle Association (Japan)

 キッズサイクリストのための自転車イベント「サイクルキッズ2019 in 前橋」が9月28日、群馬県前橋市の群馬会館にて初開催された。自転車安全教室では小学生サイクリストを対象に、プロ選手が自転車を安全に乗りこなすためのルールや、実践的なテクニックを指導した。

 「サイクルキッズ2019」は自転車協会とJBCF全日本実業団自転車競技連盟が共同主催で第1回の開催が実現。JBCF主催のロードレース「第4回 JBCFまえばしクリテリウム」を目の前で観戦できる特設会場が用意された。

すぐそばに群馬県庁がそびえる群馬会館前が会場 Photo: Bicycle Association (Japan)
貸し出されるキッズバイクは自転車協会のBAA基準をクリア Photo: Bicycle Association (Japan)

 ゲストはマウンテンバイク・ダウンヒルライダーでKONA RACING TEAM所属の井出川直樹選手と、開催地群馬県出身のプロロードレーサーで那須ブラーゼン所属の飯野智行選手の2人。マウンテンバイクとロードバイクという、見た目も目的も全く違う2種の自転車競技のプロ選手が揃い、キッズたちにクイズ形式の交通ルール・マナー説明や、日本工業規格をベースにした安全規格「BAA」の説明、また実演を交えた実技アドバイスを送った。

クイズ形式のパネルをもとにゲストがトーク Photo: Bicycle Association (Japan)
マイクを手に井手川直樹選手が実技指導 Photo: Bicycle Association (Japan)

 この日は午前11人、午後10人という、合計21人の小学生が参加。午前の部には午後からレース(ホープクラスクリテリウム)を控えた小学校高学年のキッズたちが多く参加し、普段乗り馴れたロードバイクで会場に設置された木製の一本橋や木製シーソー、マーカーを並べたスラローム走行を行った。

真剣な眼差しでスラローム走行 Photo: Bicycle Association (Japan)

 一転して午後の部は低学年のキッズたちが集合。クリテリウムに参戦しているパパの応援も兼ねて来場したキッズの参加が多かった。自分の自転車を持っていない、成長過程の子供たちには最新キッズバイクの試乗・貸し出しが行われた。

 秋口の涼しい気温とはいえ 真剣な眼差しで自転車に乗る子供たちの額には大粒の汗が。途中途中に休憩の水分補給を挟み、たっぷり約1時間半のカリキュラムは無事終了。参加生徒にはそれぞれのお名前の入った「修了証」が手渡された。

試乗を兼ねた実技。ピカピカ自転車に緊張の表情 Photo: Bicycle Association (Japan)
一本橋など、バランスを要するものにはスタッフが補助 Photo: Bicycle Association (Japan)
参加者全員に修了証が手渡された Photo: Bicycle Association (Japan)

 「サイクルキッズ」は次回11月2日(土)、幕張新都心で開催される「第4回 JBCF幕張新都心クリテリウム」会場で併催される。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載