メンテナンスの重要性も解説高校教員が自転車の指導を学び、意見交換 奈良県で安全教育研修会が開催

  • 一覧

 奈良県の高校教員を対象にした奈良県高等学校等安全教育研修会が9月27日に開催され、自転車の指導法を学ぶ自転車通学指導セミナーを実施された。自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんが指導法やメンテナンスの重要性について解説した。

高等学校等の教職員24人に対して、自転車通学指導セミナーを実施した Photo: Bicycle Safety Committee

 同セミナーは「自転車の安全利用促進委員会」と「自転車協会」が共催。奈良県の高校教員24人が参加した。セミナーでは高校生の自転車事故事例や特徴を遠藤さんが解説。奈良県で発生した中高生の自転車事故は、日が短くなる11月に多く発生していることに触れ、「中高生は自転車事故の加害者になってしまうことも多いので、法令違反のない正しいルール・マナーを伝えていく必要があります」と訴えた。

遠藤まさ子さん(写真右)が自転車事故の特長や事例を解説した Photo: Bicycle Safety Committee

 自転車の点検・整備については奈良県自転車軽自動車商協同組合の井上清理事長が登壇し、実際の自転車を使ってメンテナンスの重要性を説明。「自転車は乗り物なので適切なタイミングでメンテナンスをすることが大切です。なかなか自分では気が付きにくいポイントもあるので、気軽に街の自転車店や組合に相談してほしい」と呼びかけた。

 講演会後に実施された意見交換会では、教員同士で指導方法について活発な議論が行われた。参加した教員からは「今まで徹底した自転車通学教育をしていなかったので、本日配布されたマニュアル集を参考に生かしていきたい」などの声が上がった。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 奈良県 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載