全国の自転車店などで無料配布滋賀県守山市が「ビワイチ推奨コースマップ」をリニューアル サイクリング情報がさらに充実

  • 一覧
ビワイチ推奨コースマップがリニューアル。マップを手にする宮本和宏守山市長(左)と三船雅彦氏 Photo: Moriyama City

 滋賀県の琵琶湖に面した守山市が9月30日、ビワイチ推奨コースマップのリニューアルを発表した。自転車を活用したまちづくりを展開する同市では、“ビワイチ(琵琶湖一周サイクリング)の発着点”としてサイクリング環境の整備に取り組んでいる。

 同マップは、同市がサイクリスト目線でのマップを検討する中、2017年10月にプロサイクリストの三船雅彦氏が総監修のもと制作。スマホサイズかつ防水紙を使用し、またビワイチを含む全7コースが掲載され、全国で話題となった。

 ビワイチは今年、国のナショナルサイクルルート第一候補にも選定。守山市ではビワイチをさらに楽しんでもらおうと、新しいマップに守山市を発着とする京都滋賀を一周する新たなコースを追加。また、県内の人気観光施設への寄り道ポイントを表示したり、今年守山市に誕生した琵琶湖岸の大型温浴施設の情報を掲載したりするなど、情報内容がさらに充実した。

マップの表面。全体地図におすすめ情報などを紹介(守山市提供)
マップの裏面。6つの推奨コースをそれぞれ紹介(守山市提供)

 監修した三船雅彦氏は、「これまでも全国各地でマップの監修等を行ってきたが、このビワイチマップは、行政はもとより、サイクリストや業界内でも非常に好評。ナショナルサイクルルートの候補としても、ビワイチはそれに恥じないポテンシャルを持つと考えており、新しいマップでは、実は京都と滋賀が近く気軽に行けるということを知ってもらいさらなるビワイチの魅力を感じてほしい」と話す。

コースマップや自転車環境について意見を交換する宮本和宏守山市長と三船雅彦氏 Photo: Moriyama City
防水紙を使用し、汗などで濡れても長持ち。畳むとコンパクトなスマホサイズなので、サイクリングジャージのポケットにも入れやすい Photo: Moriyama City

 守山市の宮本和宏市長は、「マップは、大変評判で守山市発着のサイクリスト増加につながっている。昨今京都にインバウンドも増加する中、今回改定のビワイチマップが、今後京都と滋賀の架け橋となり、守山市を発着地とするビワイチがさらに増えれば」と期待を寄せている。

 同マップは、従来版が全国300店舗以上の自転車店で配布されている中、新版を9月30日から随時発送している。個人でも返信用封筒を用意すれば守山市地域振興・交通政策課から取り寄せ可能だ。

●新たに追加された守山~京都~小関越えルート

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリングマップ ビワイチ 滋賀県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載