title banner

猪野学の“坂バカ”奮闘記<39>その名を聞けば心拍が上がるタイ・チェンライ 新城幸也選手率いる“虎の穴”合宿へ再び<前編>

  • 一覧

 タイの北部、ミャンマーやラオスの国境沿いに日本人ライダーがしのぎを削る場所がある。チェンライ…そこはまさに「虎の穴」。3年前、私はその虎の穴の門を叩いた。日本の宝、新城幸也選手(バーレーン・メリダ)の取材のためだ。そこには日本を代表する選手達もたくさんいて、彼らの強度で引き摺り回され、壮絶な取材となった。もちろん今までに経験したロケで1番過酷なロケだ。たくさんの方々から「タイ合宿の回は凄かったね!」「1番印象に残っている」という言葉をいただいた。

無邪気な笑顔の新城幸也選手と憂鬱な表情の筆者…

「タイに飛んでいただきます」

 ある日マネージャーに「猪野さんパスポートはまだ有効ですか?」といわれた。嫌な予感がよぎる。パスポートは更新したばかりで有効だ。

 「関西空港でドラマの撮影をしてそのままタイに飛んでいただきます」。

 やはり…タイ。この言葉を聞いだけで心拍数が上がってしまう。また行くのかっ!!あの地獄の虎の穴に!

3年前に初めて参加したタイ合宿(=2016年5月)。念願だった新城幸也選手(当時ランプレ・メリダ)との共演にロケ史上最大のプレッシャー!

 しかし…しかしだ! 3年前の私と今の私は違う。今年は冬も休まず心拍機能をとことん虐めてきた。3年前よりは走れるようになっているのでは? 自分がどれだけ強くなってるかを試してみたい!と欲が湧いて来るから人間という生き物は恐ろしい。

 さらに新城選手は今年の始めに怪我をされて、自転車に乗り始めて10日目。さすがの世界の新城選手でも10日では仕上がらないだろう。もしかしたら、そこまでの鬼引きはされないのではないか…と、何かとタイへのモチベーションを上げようとする自分がいた。

サイクリングじゃないんだって!

 タイへの荷物をまとめ、まずはドラマの撮影のため関西空港へ。大荷物を持った私を見て共演者達が「猪野さん、いくら現場が空港だからってこのまま旅にでも出るんすか?」と早速いじり始める。

 「はい、ちょっと自転車番組の取材でタイに」─。

 目を丸くする共演者達。「自転車の番組ってサイクリングですか?」。…サイクリングなんて生易しいものはここ数年していない。私が自転車にまたがる時は必ず最大心拍数まで上げる。私は何だかイライラしてしまい、「日本を代表する選手が完走するのさえ難しいツール・ド・フランスを7回も完走しまくってる世界的な選手と一緒に走ります!」と言ってやった。

 しかし共演者達は「いやいや、そんな人と俳優が一緒に走れるわけないでしょう」という雰囲気。そう。ただの俳優では1km、いや500mも一緒に走れないだろう…しかし私は俳優の前に「坂バカ」という称号(?)が付く。私は世界の俳優で唯一無二の俳優! 芸能界最速(自称)な俳優なのだ! オリンピック代表だろうと世界選手権代表だろうと一緒に走っちゃうのだよ!

タイの可愛子ちゃんかと思ったら…

 共演者達とそんな別れを告げ、いざタイへ乗り込む。しかし撮影終わりで出発した私はバンコクに深夜に到着。トランジットのため一泊し、朝一番の飛行機でいざチェンライへと向かった。

 チェンライに着くと早速、海外ロケ名物「面白ドライバー」が待ち受ける。今回は見掛けは普通のハイエースだが、一歩車内に入るとバブル期のジュリアナ東京みたいにド派手に改造してある。しかしドライバーは台湾の時の強面とは違い。穏やかで優しく合掌して来る。さすが仏教徒の国だ。

見掛けはフツーのハイエースだが…
車内はジュリアナ東京だ

 安全運転で、先乗りしていたスタッフが待つ「シンハーパーク」というリゾート地に到着。シンハーパークとはタイで有名な「シンハービール」が作った広大な公園だ。スタッフと合流すると「新城さんはもうトレーニングに出掛けているので、今日はリゾートを満喫して下さい」とのこと。…ウソ臭い。『チャリダー★』がリゾートを満喫させてくれるわけがない。しかし、いざ撮影が始まるとパーク内の動物と戯れたり可愛子ちゃんが売るアイスクリームを食べさせてもらったり。これは本当に今日はDAY OFFなのかも?と信じ始めた。

何も知らず、スイカのジュースにご満悦な筆者

 昼食になりタイのご馳走の数々を可愛子ちゃんが運んで来た。タイの料理は本当に美味しい。すると珍しくカメラマンのE君が「昨夜は良く眠れましたか?」とどうでも良い話題を振って来た。ん?何故だ?いつも寡黙なE君がおかしい…。その時、後ろから可愛子ちゃんが新たな料理を運んで来た。

 しかしその可愛子ちゃんは真っ黒に日焼けしている…。よくみると、その可愛子ちゃんはいつもテレビのレース中継で観ている、新城の幸也氏であった!

突如現れた新城選手。またしても『チャリダー★』のドッキリのえじきに…

 やられた。チャリダー名物「ドッキリ」だ! もう何度も騙されているので警戒していたが、タイのリゾートとグルメと可愛子ちゃんにすっかり気が緩んでしまった! E君は私の意識が後ろに行かないように話掛けたのだ。くそぉ〜、何と周到な! 完全に騙された!!

こうして再び“虎の穴”合宿が幕を明けた…

 そして新城さんは無邪気な笑顔でこう言った。「さぁ!トレーニングに行きましょう!」

 地獄の扉が開く音が、遠くで聞こえた気がした…。

<後編へつづく>

(画像提供:猪野学・NHK・テレコムスタッフ)

猪野 学猪野 学(いの・まなぶ)

俳優・声優。自転車情報番組NHK BS1『チャリダー☆』(毎週土曜18:00~18:50)にレギュラー出演し、「坂バカ俳優」という異名で人気を博す。自転車の他、空手やスキーなども特技とするスポーツマン。俳優として舞台や映画、ドラマなどで活躍する一方、映画『スパイダーマン』のトビー・マグワイアの声優としても知られる。ウェブサイト「マナブログⅡ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

猪野学の“坂バカ”奮闘記

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載