大会・イベント情報2019BBQ同時開催のトラックバイククリテ「ヤキニクリット2019」が10月26日開催

  • 一覧
© sfiDARE CRIT

 固定ギヤのトラックバイクによるクリテリウムのシリーズ「sfiDARE CRIT」(スフィダーレ・クリット)の令和初戦が10月26日(土)、岐阜県羽島市の国営木曽三川公園・桜堤サブセンター特設コースで開催される。今回はBBQ(バーベキュー)同時開催の特別企画「YAKINI CRIT」(ヤキニクリット)として実施。レース中からレース後まで会場内でBBQを行い、応援とBBQのみの参加コースも用意する。エントリーは10月6日まで受付中だ。

 sfiDARE CRITは、変速機やブレーキの無いトラックバイクを使ってクリテリウム(短い周回コースを使ったロードレース)をするという、今世界で盛り上がりを見せているニューカルチャーを日本に持ち込んだパイオニア。その通算第5戦として開催する今回は、「闘志を燃やせ!肉を焼け!」を合言葉に、いまだかつてない形態でのイベントとして行われる。

変速機もブレーキも付いていないトラックバイクを使ってのクリテリウムは、独特の緊張感とスピード感を生み出す Photo: muto photo

「いつでも食べれる! いつでも飲める!」

 レースは午前9時から予選が開始し、午後1時まで実施予定。BBQもレースと並行して始まるので、応援の人は早くからお腹を満たしつつレースを観戦できる。BBQは最終レースが終わって以降も時間を延長して続くので、選手も焦らずレースに集中できる。

日本ではまだ珍しいトラックバイクでのクリテリウムレース。観戦もより楽しいBBQ付きで今回開催 Photo: muto photo

 BBQの機材と食材は主催者側で用意するので、当日は手ぶらで楽々BBQ参加できる(自費での持ち込みも可)。sfiDARE CRITではお馴染みのBUCYO COFFEE(ブチョーコーヒー)がヤキニクをサポートし、肉や野菜、ビールなどのアルコールの他に、BUCYO COFFEEの人気カフェメニューも用意する。

 レースの参加資格は2004年4月1日以前生まれ(中学卒業以上)。定員は男子100人、女子30人で、定員になり次第締め切りとなる。

 レース終了後も、MINOURAプレゼンツ・チューブラータイヤチャレンジや、東京BSBCによるトラックスタンド大会、そのほかトラックバイクによるゲームを予定している。

YAKINICRIT2019

■開催日:2019年10月26日(土)
■場所:岐阜県羽島市・桜堤サブセンター特設コース(1周約1.2km)
■スケジュール:8:00 受付、9:00 予選開始、13:00 最終レース(予定)
■カテゴリー:MEN / WOMEN予定
■定員:[MEN]100人[WOMEN]30人
※定員になり次第締め切り
■参加資格:2004年4月1日以前生まれの方
■参加費(選手):男子6,500円、女子5,500円(BBQ代を含みます)
■参加費(応援とBBQ参加):一般2,500円、小学生以下1,000円
■エントリー期間:~10月6日(日)(スポーツエントリーより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ピストレース 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載