海外6チームともエース級の顔ぶれ「2019さいたまクリテ」にベルナル、バルデ、バルベルデが出場 キッテルも来日

  • 一覧

10月27日(日)にさいたま市のさいたま新都心で開催されるレースイベント「J:COM presents 2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の出場選手が9月27日に発表された。今年のツール・ド・フランスで初の個人総合優勝、新人賞を獲得したエガン・ベルナル (コロンビア、チーム イネオス) を筆頭にビッグネームがリストに名を連ねた。海外からは6チーム25選手、国内からは全日本チャンピオンの入部正太朗をはじめ7チーム27選手が参加する。

「2019さいたまクリテリウム」にエガン・ベルナル、ロマン・バルデ、アレハンドロ・バルベルデ、クリスフルームの出場が決まった Photo : Yuzuru SUNADA

海外招待チーム一覧

 すでに出場がアナウンスされていたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム イネオス)を含み、海外から25選手が参加する(うち15選手が初出場)。ベルナル、フルームの二大巨頭を揃えたイネオスのみならず、海外チームは各チームともエース級の選手を揃えた。

 アージェードゥーゼール ラモンディアールからは今年のツール・ド・フランスの山岳賞を獲得したロマン・バルデ(フランス)、モビスターチームからは2018年のUCIロード世界選手権で勝利した世界チャンピオンのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)、ミッチェルトン・スコットからは2018年のヨーロッパ選手権覇者のマッテオ・トレンティン(イタリア)、アスタナプロチームからは、今春のクラシックレースで沸かせたヤコブ・フルサング(デンマーク)、トタルディレクトエネルジーからは2017年のツール・ド・フランスで区間優勝を遂げたリリアン・カルメジャーヌ(フランス)が参加する。ツール・ド・フランスジャパンライダーとして新城幸也(バーレーン・メリダ)も海外選手の一人として招聘される。

 海外招聘選手はイベント当日、1周3.5kmを17周回するクリテリウムメインレース(全長約59.5km)ほか、約3.1kmのチームタイムトライアル、勝ち上がり方式のスプリントレースへ出場。今からちょうど1カ月後にビッグネームがさいたま市に集結する。

 海外招待チーム・選手は以下の通り。

海外招待チーム・選手

■チーム イネオス
エガン・ベルナル
クリス・フルーム
ヨナタン・カスロトビエホ
イバン・ソサ

■モビスター チーム
アレハンドロ・バルベルデ
マルク・ソレル
イマノル・エルビティ
アントニオ・ペドレロ

■アージェードゥーゼール ラモンディアール
ロマン・バルデ
オリバー・ナーセン
ミカエル・シェレル
ブノワ・コズネフロワ

■アスタナ プロチーム
ヤコブ・フルサング
ヤン・ヒルト
オマール・フライレ
マヌエーレ・ボアーロ

■トタル ディレクトエネルジー
リリアン・カルメジャーヌ
レイン・タラマエ
アントニー・テュルギス
ジェローム・クザン

■ミッチェルトン・スコット
マッテオ・トレンティン
ダリル・インピー
ルカ・メツゲッツ
ルーク・ダーブリッジ

■ツール・ド・フランスジャパンライダー
新城幸也

国内招待チーム・選手

■スペシャルチームジャパン
前田公平

■チームUKYO
畑中勇介
小石祐馬
横塚浩平
武山晃輔
 
■宇都宮ブリッツェン
鈴木譲
阿部嵩之
堀孝明
小野寺玲

■シマノレーシング
入部正太朗
木村圭佑
黒枝咲哉
中井唯晶

■チームブリヂストンサイクリング
窪木一茂
近谷涼
橋本英也
沢田桂太郎

■愛三工業レーシングチーム
住吉宏太
岡本隼
大前翔
早川朋宏

■マトリックスパワータグ
アイラン・フェルナンデス
佐野淳哉
安原大貴

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2019ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載