2つのラインで多用化するサイクリングシーンに対応ブリヂストンサイクルの競技用自転車、東京五輪日本代表に正式供給 2020年モデルも発表

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルが9月24日、東京・渋谷区で開催された記者会見で東京五輪に向けて開発が進むトラック競技用自転車が、日本代表選手団の使用する機材に正式採用されたと発表した。同社のスポーツ自転車ブランド「ANCHOR」(アンカー)の車体で種目に応じて2種類用意される。会見では2020年モデルのブランドコンセプトや新製品も合わせて公開された。

東京五輪自転車競技・トラックレースに正式採用された車体(中距離種目用)。写真右からJCFトラック委員会の中野浩一委員長、チーム ブリヂストンサイクルの橋本英也選手、窪木一茂選手 Photo: Kairi ISHIKAWA

最新設計のトラックバイクが好成績続々

 同社では2017年に日本自転車競技連盟(JCF)と協力体制を構築し、東京五輪に向けて自転車競技・トラックレースの日本代表チームが使用する競技用自転車を開発していた。今回の発表では短距離種目と中距離種目の車体2種が正式に採用。今シーズンから自転車プロチームのチームブリヂストンサイクリングやサポート選手に供給されている。

短距離種目向けの競技用バイク。販売モデルの「TR9」とは全く異なるフレーム形状だ。現在も改良が進められている Photo: Kairi ISHIKAWA
短距離用と比較するとBB周りやヘッド、シートポストの接続部などの形状が異なる中距離用バイク。ロードバイク用クランクが付いているのも興味深い Photo: Kairi ISHIKAWA

 2月末にポーランドで行われたUCIトラック世界選手権では、新田祐大選手がケイリン種目で銀メダルを獲得、5月にロシアで開催されたトゥーラGPでは脇本雄太選手がケイリンとスプリントで優勝した。国内においては9月の全日本選手権で4km個人追い抜きに出場した窪木一茂選手(チームブリヂストンサイクリング)が4分15秒889のタイムで優勝、日本記録を5秒更新するなど活躍が目立っている。

 車体の製作にはブリヂストンサイクルが培った自転車競技のノウハウに加え、ブリヂストンのタイヤ開発の解析技術や材料技術などを集結。そこから生まれた独自技術「PROFORMAT」(プロフォーマット、推進力最大化解析技術)を用いて「剛性」「空力」など様々な観点から開発を進め、今後も自転車競技・トラックレース日本代表のオリンピックに向けた挑戦を支えていくという。

「前のモデルと比べて速くなった」と話す橋本英也選手。現役の競輪選手としても活躍中だ Photo: Kenta SAWANO
「日本の選手が日本の機材でメダルを取ることに価値がある」と語るJCFトラック委員会の中野浩一委員長(写真右) Photo: Kenta SAWANO

 会見内のトークショーで橋本英也選手(チームブリヂストンサイクリング)は「前作と比べて重量やジオメトリーが変更されています。全日本選手権では2つの日本記録を更新しました」と性能の変化を語った。JCFトラック委員会の中野浩一委員長は「機材が充実して選手の力も付いて、今回はようやくメダルを取れるとこまできた」と五輪に向けて期待感を示した。

レーシングラインはブリヂストンロゴに

 競技用自転車の正式採用に加え、ブリヂストンサイクルのスポーツサイクルブランド「アンカー」の2020年モデルも発表された。今年は「レーシングライン」と「アクティブライン」で製品展開をしていくという。

ブリヂストンサイクルは2020年モデルを2つのラインで展開する。(写真左からアクティブライン、レーシングライン) Photo: Kenta SAWANO
2020年新モデルの「RS9s」。「レーシングライン」はブリヂストンのロゴが大きく配される Photo: Kairi ISHIKAWA
「アクティブライン」の「RL」シリーズにフェードカラーがラインナップ。画像は「RL9」 Photo: Kairi ISHIKAWA

 「レーシングライン」はダウンチューブにブリヂストンのロゴを配し、チームブリヂストンサイクリングに供給する車体と市販モデルのデザインを統一したもの。高みを目指し続ける競技者を支えるモデルとして位置づけた。今年の5月に30台限定販売された「RS9s」が新たに通常ラインナップとして追加。アルテグラとデュラエース完成車のほか、フレームでも展開する。

■RS9s
税抜価格:370,000円(フレームセット)545,000円(アルテグラ)、800,000円(デュラエース)
サイズ:430、460、490、520、550mm
カラー:レーススタイル(1色)、シンプルスタイル(33色×3コーティング)から選択可能

ブランド初のディスクロードが登場

新モデルの「RL6D」。シートステーは扁平加工が施されている Photo: Kairi ISHIKAWA

 「アクティブライン」は多様化する自転車ニーズに着目し、気軽にサイクリングを楽しむためのプロダクトで、東京五輪後のレガシー創出やスポーツサイクルの普及を狙う。乗る人とサイクリングシーンとの調和をイメージし、自然をモチーフにした2色のカラーリングをフェードスタイルでデザインするなど、塗装にこだわった製品だ。「プロフォーマット」技術の使い方を変えて、快適かつ上質な走りを追求しているという。

 「RL6D」はブランド初のディスクロード。リムブレーキ版「RL6」をベースにディスクブレーキを採用した。ダウンチューブ下部にもボトルケージ台座を配したほか、32Cのタイヤが標準装備。グラベルライドやバイクパッキングもこなせる楽しみ方の幅が広いモデルだ。シマノ・105やティアグラで組み立てられた完成車のほか、フレーム単体でも販売する。

■RL6D
税抜価格:170,000円(ティアグラ)、215,000円(105)
サイズ:420、450、480、510、540mm
カラー:フェードスタイル(3色)、シンプルスタイル(32色×3コーティング)から選択可能

「RL3」のフォークはフルカーボン製。ドロップハンドルとフラットバーモデルを展開する Photo: Kairi ISHIKAWA

 「RL3 DROP」は日々の通勤通学からロングライドにも対応するモデル。「RL6」をベースに素材や加工工程を見直したほか、コンポーネントにシマノ・クラリスやソラ、ティアグラなどを採用することで、手の届きやすい価格を実現した。フラットバーモデルもラインナップする。

■RL3 DROP
税抜価格:84,000円(クラリス)、107,000円(ソラ)、125,000円(ティアグラ)
サイズ:390、440、490、540mm
カラー:ストーングレー、オーシャンネイビー、フォレストカーキ

■RL3 FLAT
税抜価格:76,000円
サイズ:390、440、490、540mm
カラー:オーシャンネイビー、フォレストカーキ、ストーングレー

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ブリヂストン ブリヂストンサイクル ブリヂストンサイクル2020

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載