新製品情報2019駐輪スタイルに新提案 モドルキカクと信明が駐輪場向けにデザインサイクルラック

  • 一覧

 インテリアとしてのデザイン性に優れたサイクルスタンドを開発・制作しているmodoru kikaku(モドルキカク)が、公共施設や集合住宅などの自転車ラック施工を手がけるSHINMEI(信明)とコラボレーションして、新しいコンセプトのサイクルラック「d+i」シリーズをリリースした。

駐輪場向けサイクルラックに新提案。LUSSO-urban(左・中)とomit(右) © modoru kikaku

 d+iシリーズは現在の駐輪スタイルに疑問を呈し、デザインとアイデアの切り口から、進化し続ける建築と都市景観に寄り添った新しい駐輪方法を提案する。駐輪場に据え付けて設置するタイプのサイクルスタンドを2種類ラインナップしている。

スポーツバイクを縦置きでスタイリッシュに駐輪する「LUSSO-urban」 © modoru kikaku

 スポーツバイク専用のサイクルスタンド「LUSSO-urban」は、モドルキカクのインテリア型サイクルスタンド「LUSSO」を据え付け型に再デザインしたもの。非常に軽量なスポーツバイクの特性を生かし、前輪を持ち上げて押し込むだけの、ワンアクションで保持できる独自の機構を採用している。駐輪場だけでなく、サイクリストフレンドリーなカフェや宿泊施設などにピッタリのスタンドだ。

 通常スポーツバイク用として馴染みのあるサドル引っかけ式などのスタンドと違い、前輪をホールドする設計のため、風を受けて揺れる心配がなく、ロードバイクの細いタイヤでも安定して駐輪できる。平置きタイプに比べて40%の省スペースを確保。ラック本体と自転車をワイヤー錠で留める“地球ロック”も立ったままの楽な姿勢で行える。駐輪時に自転車が美しく見える角度にもこだわった。

シンプルに駐輪位置を示す「omit」 © modoru kikaku

 ユニークなコンセプトを打ち出した「omit」は、サイクルラックから自転車を自立させる機構を取り除いた駐輪ラック。駐輪場所の明示と整列という基本的ミッションに絞った、アーバンファニチャーとして映える自転車駐輪ラックだ。

■LUSSO-urban
税抜価格(工事費別途):スチール製 30,000円/1台、ステンレス製 45,000円/1台
カラー:レッド、イエロー、ブルー、グレー、ステンレスヘアライン仕上げ
材質:スチール粉体塗装(レッド、イエロー、ブルー、グレー)またはステンレス
サイズ:高さ1600mm×幅100mm(プレート幅150㎜)×奥行520mm
重量:10kg

■omit
税抜価格(工事費別途):スチール製 50,000円/1ユニット、ステンレス製 70,000円/1ユニット
カラー:レッド、イエロー、ブルー、グレー、ステンレスヘアライン仕上げ
材質:スチール粉体塗装(レッド、イエロー、ブルー、グレー)またはステンレス
サイズ:長さ1800mm×幅400mm×高さ100mm、厚み8mm
重量:18kg

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

modoru kikaku サイクルスタンド 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載