上品なメープルシロップ&バナナ味宇都宮ブリッツェンがオリジナル補給食を開発 その名も「ブリバー」

  • 一覧

 宇都宮ブリッツェンがオリジナル補給食を開発中だ。ブリッツェンが使うので、その名も「ブリバー」。2月11日のチームプレゼンテーションパーティーで、ついに試作品がお披露目された。

「ブリバー」はバナナ味「ブリバー」はバナナ味

 ブリバーは、ブリッツェンのフードサプライヤーであるJA全農との共同開発。全農いばらきの「ポケットファームどきどき」バン工房の技師が腕をふるい、原材料は全農とちぎが用意する。

 「腹持ちが良い」ということでメーンの材料には米粉を使用。味付けにはメープルシロップとバナナジャムが用いられている。カロリー計算は「これから」とのことだが、「1本200キロカロリーは超えるはず」だという。

 会場で試食することができたが、この手のパワーフードにありがちなパサつき感は少なく、比較的もっちりとした食感。味も上品な甘さで、これなら普段のおやつにも食べられそうだという印象を持った。

パーティーでは佐藤栄一宇都宮市長も挨拶。「ブリッツェンは宇都宮の宝。できる限りの応援をしたい」と話した。自転車が走行しやすい街づくりも引き続き進めるというパーティーでは佐藤栄一宇都宮市長も挨拶。「ブリッツェンは宇都宮の宝。できる限りの応援をしたい」と話した。自転車が走行しやすい街づくりも引き続き進めるという
新ウェアは公式には初お目見え。デザインはチームエンブレムや初代ウェアを手掛けたブラッキー中島氏によるもの。テーマは「激しさ」で、赤と白のメーンカラーは「稲妻と風」をイメージ新ウェアは公式には初お目見え。デザインはチームエンブレムや初代ウェアを手掛けたブラッキー中島氏によるもの。テーマは「激しさ」で、赤と白のメーンカラーは「稲妻と風」をイメージ
選手は一人ひとりスポットライトを浴びての入場選手は一人ひとりスポットライトを浴びての入場

 宇都宮市内のホテルで行われたチームプレゼンテーションパーティーでは、2013シーズンの所属選手や新デザインのウェア、チームカーなどがお披露目された。約300人のファンやスポンサー関係者が集まり、Jプロツアー2連覇を目指すチームに熱いエールを送った。

チームカーもウェアに合わせた新デザインに模様替えチームカーもウェアに合わせた新デザインに模様替え
チームマスコットの「ライトくん」が市内の交通安全イベントに参加する際に使用する、ダイハツのタントチームマスコットの「ライトくん」が市内の交通安全イベントに参加する際に使用する、ダイハツのタント
スバル・レガシィは最新型が新たに提供されたスバル・レガシィは最新型が新たに提供された

(文・写真 米山一輝)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載