ゲレンデコースで本格レースもアットホームな雰囲気に家族参加も多数「サイクルエイドジャパンin猪苗代 MTBライド磐梯山」

by 大星直輝 / Naoki OHOSHI
  • 一覧

 今年で第2回目となる「CYCLE AID JAPAN 2019 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山」(サイクルエイドジャパン2019イン猪苗代 MTBライド磐梯山)が、9月7日に開催された。福島県内はもちろん、東北から関東にかけての216人のマウンテンバイク(MTB)愛好家が参加した。舞台となったのは昨年に引き続き、福島県のグランドサンピア猪苗代リゾートスキー場。見上げると磐梯山、眼下には猪苗代湖を望む、抜群のロケーションだ。

アットホームな雰囲気で行われた「CYCLE AID JAPAN 2019 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山」 Photo: Naoki OHOSHI

e-Bikeの試乗が人気に

 イベントはキッズレースから本格的な2時間エンデュランスレースと内容盛りだくさん。その中でも子供向きのレースが充実しており、家族での参加がとても多くみられた。

 またレース以外にも、サポートライダーと走る「オフロード体験ツーリング」や、MTB以外の車種でも参加可能な「猪苗代魅力発見ツーリング」など、初心者から上級者まで楽しめるイベントが開催された。

 福島県から「猪苗代魅力発見ツーリング」に友人同士で参加したのりさん(37歳・会社員)と類さん(50歳・主婦)は、「野口英世記念館やアクアマリンいなわしろカワセミ水族館など、猪苗代ならではの名所を巡れて楽しかった。揚げまんじゅうや笹団子も美味しかった。また参加したい」と笑顔で語った。

俳優の石井正則さんは昨年に引き続き参加。開口一番「晴れたのは私のおかげです。晴れ男なので」と会場を笑わせた Photo: Naoki OHOSHI
色違いのミニベロで、猪苗代魅力発見ツーリングに参加ののりさん(右)と類さん(左) Photo: Naoki OHOSHI

 メーカーブースでは、各社最新のMTBが用意され、そのほとんどに試乗できた。そのなかでも特に人気だったのが、e-Bike(電動アシスト付きスポーツ自転車)だ。

 初めて乗るという参加者も多く、「上りがすごい楽!」などの感想が多かった。気になっているけど乗る機会に恵まれないという参加者が多い印象で、今後は試乗の機会が増えれば、e-Bike普及にも弾みがつくだろう。

 そのほかにも、地元福島県に本社のある日東も、MTB向けのステムやハンドルバー、ボトルケージなどを展示していた。

e-BIKEを初体験する参加者。雄大な磐梯山を前に、笑顔でポーズ Photo: Naoki OHOSHI
炭火で焼かれる、宝来堂のじゅうねんみそ(えごま味噌)としょうゆ味の団子 Photo: Naoki OHOSHI

 フードブースでは、宝来堂のじゅうねんみそ(えごま味噌)としょうゆ味の炭火焼き団子や、いわはし館の会津手打ちそばなど、地元猪苗代の味覚を参加者にアピール。また、昨年も好評だった豚汁は、引き続き無料で提供され、500杯も用意された。

盛り上がるレース

 午前中はキックバイクによるキンダーレースからスタート。初めての競争に真剣な子や、途中で走るのをやめてしまう子まで様々だが、終始緩やかな雰囲気で進んだ。その後は補助輪あり・なしの未就学児によるレースや小学生のキッズクラスのレース、30分のチームリレーが実施された。

フルフェイスヘルメットで真剣な眼差しで走るキンダークラスの選手たち Photo: Naoki OHOSHI

 午後になるとメインレースの2時間エンデュランスが行われ、1周2kmコースで周回数を競いあった。単独ソロのほか、ペア・トリプル・クアトロの全4クラスが同時にスタート。スタートダッシュをしたソロの参加者達が先頭を引っ張る中、場内では「ソロの選手はそんなに飛ばしてしまって、果たしてこのまま2時間も体力がもつのでしょうか?」とのアナウンスも。トップ選手はその心配をよそに、ペースを守りつつ20周を無事走破した。

2時間エンデュランスのスタート。ゲレンデをいっせいに駆け上がる Photo: Naoki OHOSHI

 ペアクラスで優勝した上村和久選手と櫻井楓選手(あまごワークス)は、「コースはテクニカルな部分もあり、体力だけでなくある程度の技術も必要だった。上りが得意なので、それを生かして勝つことができた。昨年は2位だったので、今年は優勝ができて嬉しい」と喜びを露わにした。

 レース中には、インストラクターによるビギナースクールやキッズスクールも開催された。コーナリングのペダル位置や、ニュートラルポジションの姿勢、バイロンを使ったスラロームなどを、プロ選手が丁寧に指導。真剣な眼差しで練習するキッズたちが印象的だった。

2時間エンデュランス・ソロの表彰式。優勝者にはNESTOの「TRAIZE PLUS-A」が贈られた Photo: Naoki OHOSHI
会後には大盛り上がりのジャンケン大会を開催 Photo: Naoki OHOSHI

 今年2回目となった「CYCLE AID JAPAN 2019 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山」。参加者はもちろん、一緒に訪れた同行者も楽しめるイベントが盛りだくさんで、とても温かいアットホームな雰囲気が溢れる大会だった。来年も開催されるとのことなので、上級者の方はもちろん、初めてのMTBレースに出てみたい方から、これから選手を目指すキッズまで、ぜひみなさんも参加してみてはいかがだろうか。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載