バイクインプレッション2019優れた総合力を発揮し、アスタナを支える軽量バイク アルゴン18「ガリウムプロ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 アルゴン18のフラッグシップモデル「ガリウムプロ」をインプレッション。オーソドックスな外観とは裏腹に、独自のフィロソフィーに磨きがかけられ、ワールドツアーチームに支持されるモデルへと仕上がっている。実戦的な走りの中でそのスペックを試した。

アルゴン18のハイエンドバイク「ガリウムプロ」 Photo: Masami SATOU

独自のAFS、3Dヘッドチューブが武器

 アルゴン18はロードバイクはもとより、タイムトライアル(TT)バイクで名を上げたブランドだ。特にトライアスロン業界では定評があり、巡航時の優れた安定性は一線を画すものがある。これは、ライダーのパフォーマンスを最大限に引き出す事を主眼としたバイク設計思想、オプティマル・バランス・コンセプトに起因している。例えば、S以上のサイズではBB下がりを5mm下げていたり、全てのサイズで狙ったライドフィールを実現するためジオメトリだけでなく、カーボンの積層までも変更するAFS(アルゴン・フィット・システム)など、扱いやすさを最重視する思想がARGON18ならではというわけだ。

 また、3Dヘッドチューブと呼ばれる独自のヘッドシステムも特徴的だ。ヘッドチューブからステムにかけて、乗り手のポジションに合わせてコラムスペーサーを挟むが、これが多ければ多いほどヘッド付近の剛性は下がってしまう。そこでARGON18は、スペーサーでは無く、ヘッドチューブ自体に専用のエクステンダー(3Dヘッドチューブ)を用意 。上部ベアリングの置き位置自体(支点)を変更するので、ステム取り付け位置(力点)を高くしても剛性が確保できる。要は“ヘッドチューブにステムを極力ドン付けに近い形で取り付け、最適なポジションで最高の剛性を実現”したシステムなのである。

3Dヘッドチューブがコラム周りの剛性を乗り手に合わせて最適化 Photo: Masami SATOU
シンプルで伝統的なリムブレーキ構造 Photo: Masami SATOU
BB下がりが大きく、安定性を重視したAFS構造 Photo: Masami SATOU

 今回試したガリウムプロも、当然AFSと3Dヘッドチューブは取り入れられている。3Dヘッドチューブは圧入構造となり、軽量性を追求。試乗したSサイズのフレームはBB下がりが75mmと大きく、AFSの概念が反映されているジオメトリーであった。デビュー当時はマッシブな外観だったガリウムプロだが、2代目にはシンプルでしなやかな乗り味のデザインとなった。しかし、アスタナ プロチームをはじめ、ロードレースのプロチームに供給が始まってからは、高速化と高パワーに耐えうるフレームへとさらに進化。多角形型のチューブ形状を取り入れ、大パワーの入力に応える強度を実現した。

 インプレッションにあたり、平地メインの高速トレーニングに車体を用いた。フレーム重量750g台の軽量バイクには似つかわしくないシチュエーションであるが、ガリウムプロは打てば響く軽やかな反応で、45km/hオーバーの速度域でも順応する走りをみせた。そこからのスプリントでも、パワーに負けることない剛性ぶりを発揮。以前インプレッションを行ったモデルでは、パワーの最大値に差し掛かるにあたりしなやかに感じたポイントだが、大柄な選手の力でも負けない屈強な印象を与えた。

軽量なフレーム特性の中に、高速での安定性を求めた独自の設計が特徴 Photo: Masami SATOU

 巡航時に感じたのはペダリングに集中できる安定性の高さだ。BBハイトが低いAFSの恩恵か、ハンドリングに余計な意思を伝えずにバイクが進んでいく。余裕を持って高速ローテーションが行えるのはアドバンテージになる。乗車中にどっしりと構えたスタビリティは、軽量バイクであることを忘れさせた。しかし、上りに差し掛かると水を得た魚のように軽快な走りを披露する。

 筆者が気に入ったポイントの一つとして、そのオーソドックスな造りを挙げたい。エアロロードバイクなど、複雑化に傾倒する現在のロードバイクだが、ガリウムプロのリムブレーキ版に関してはいたって普通である。ワイヤーの取り回しも一般的だし、シートポスト径も丸形の27.2mmだ。プロチームが好むのもこうしたオーソドックスさがあるのだろう。乗っていて、今何がバイクで起こっているのか把握できるのも一種のアドバンテージである。トラブルが起きづらく、対処もしやすい。走りに必要なツボを押さえ、それ以外は排除する。シンプルなコンセプトはプロが支持する一端であろう。ホビーレーサーにも扱いやすく、日本のロードレース、またはヒルクライムレースにも最適なポテンシャルを持つ1台だ。

■アルゴン18「ガリウムプロ」
税抜価格:380,000円(フレームセット)
サイズ:XXS、XS、S、M
カラー:Black/White Gloss、Black/Grey Matte、Team Astana

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

30~50万円 アルゴン18 カーボン バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載