【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 第13ステージ新城幸也は超級山岳ステージを99位で無事フィニッシュ 「ハードな一日でした」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャに出場している新城幸也(バーレーン・メリダ)は9月6日、第13ステージを先頭から20分4秒差の99位でフィニッシュした。

第13ステージのスタートの舞台はビルバオのサン・マメス・サッカースタジアム Photo: Miwa IIJIMA

 第13ステージはブエルタらしいというべき、3級と2級の過酷な山岳が6回連続し、フィニッシュまでは超級カテゴリーの山岳、途中23%を超える“壁”のような急勾配が待ち受ける、166kmの山岳ステージだった。

 「今日の目標はディラン(トゥーンス)のステージ優勝。または逃げに乗せること! ディランが逃げにジョイントしやすいように位置取りを手伝ったり、集団を繋いだりと、今日も序盤から激しいアタック合戦となった。しかし、逃げにディランを乗せる事はできなかった」

 レース前半からステージを狙うエースのために、アシストとして動いたという新城。レースは大きな逃げ集団が出来上がったものの、メイン集団も逃げ切りを容認せず、終盤まで激しい攻防が続いた。

 「逃げ集団にはチームメイトのドメン・ノヴァクが入ったが、逃げは逃げで協調が取れずに、アタックがかかっていたとか。集団もステージを狙って、タイム差を広げないペースで進み、ハードな一日でした」

無事に超級山岳を越えた安堵からか、カメラを見つけ笑顔を見せる新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 翌第14ステージは188kmで中級山岳ステージ。山岳ポイントは終盤に3級山岳が1つだが、実際はスタートからゴールまでノコギリのように、アップダウンが続くタフなコースプロフィールだ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

Team ユキヤ通信 ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載