ナビゲーションもわかりやすくジャイアントとリブのウェブサイトが2020年モデルにリニューアル 新製品情報を網羅

  • 一覧

 総合スポーツバイクブランドの「GIANT」(ジャイアント)と、ジャイアントの女性専用ブランド「Liv」(リブ)の日本版ウェブサイトが、ともに2020モデルに更新された。すでに発表された2020モデルの各種製品の詳細が見られるほか、レイアウトやナビゲーション機能もリニューアルされた。

2020バージョンにリニューアルした、ジャイアント(左)とリブの日本版ウェブサイト © GIANT

 新ウェブサイトでは上部メニューがメガメニューに変更。見たい製品へのアクセスが容易になり、また「BIKE」メニューに「ジャンルで選ぶ」タブが追加された。製品一覧の画像はより見やすく拡大し、カラーバリエーションも一覧の中でチェックできるように。またバイクの製品一覧ページに「BIKE FINDER」を設置し、フレーム素材やブレーキタイプ等での絞り込み検索が可能になった。

 2020年モデルではジャイアントが独自開発したパワーメーター「POWER PRO」(パワープロ)が軽量・小型化し、新登場のシングルサイドメーター「POWER PRO S」を搭載したロードバイク完成車が、ジャイアント・リブともに20万円台前半でラインナップするなど、パワーメーターがより身近になった。

 また新ハイエンドコンポーネントブランド「CADEX」(カデックス)がスタート。これを採用した完成車も登場している。

「TCRアドバンスド2KOM SE」左クランクにパワーメーターが付いて税抜21万円の戦略的価格 Photo: Kairi ISHIKAWA
ライトグラベルまで対応する「コンテンドAR」が新登場 Photo: Kairi ISHIKAWA

 ジャイアントではアルミフレームのエントリーロード「CONTEND」(コンテンド)シリーズがフルモデルチェンジした。快適性を高める細めのオフセットシートステー、軽量フルカーボンフォークと振動吸収性を向上するD-FUSEシートポスト、内装式ケーブルルーティングを採用。ライトグラベルまで対応する「CONTEND AR」も新登場した。

 クロスバイクではディスクブレーキ搭載モデルを拡充。また定番の「ESCAPE R」(エスケープR)シリーズがリニューアルし、クロスバイクの代名詞「ESCAPE R3」のほか、ドロップバーの「ESCAPE R DROP」などが登場した。

クロスバイクの定番「エスケープR」にディスクブレーキ搭載モデルが新登場 Photo: Kairi ISHIKAWA
いままでありそうでなかったドロップバークロスバイクの「エスケープRドロップ」 Photo: Kairi ISHIKAWA

 リブはカーボンロードバイク「AVAIL ADVANCED」(アベイルアドバンスド)シリーズが、エンデュランスライドの性能をアップしてリニューアル。アップライトなポジションに油圧ディスクブレーキ、32C幅チューブレスレディタイヤ、D-FUSEテクノロジ一をハンドルとシートポストに採用しで快適性を高めている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント リブ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載