title banner

『Cyclist』印の自転車Welcome café<19>【愛媛・しまなみ】フェリー港湾事務所をリノベーション ゲストハウス併設の「シクロカフェ」

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧
しまなみ海道のブルーラインから少し外れて辿り着く、ゲストハウス併設の「シクロカフェ」

 全国のサイクリストウェルカムなお店を紹介する連載『Cyclist印の自転車Welcome café』。Vol.19は、愛媛の最北端にある小さな港町、波方(なみかた)にある「シクロカフェ」を紹介します。「しまなみ海道」のルートを示すブルーラインから少し外れたところにある海を眺めて過ごせるカフェで、施設2階には地元NPO法人が運営するゲストハウス「なみトみなと」も併設しています。

自転車旅好きオーナーがオープン

 かつてしまなみ海道が開通する前に運航していた「中四国フェリー」の港湾事務所だった建物をリノベーションし、2018年にオープンしたシクロカフェ。店舗を構える波方は、しまなみ海道の愛媛側の玄関口・来島海峡大橋からもほど近く、また、しまなみ海道と今治~松山・道後温泉間の海沿いの道をつなぐ「はまかぜ海道」を走る際の拠点としても好立地です。店内には、10年間で88カ国を巡ったというスタッフの宇都宮一成さんが旅で使った愛車の展示や関連書籍等、自転車旅行に関する情報も充実しています。

「中四国フェリー港湾事務所」をリノベーションした店内。飲食だけでなく、各種オリジナルグッズも販売
自家製じゃこ味噌を使った「瀬戸内のじゃこピッツァ」。季節の地野菜をたっぷりトッピング

 地産食材を使ったドリンクやフードが評判で、中でも人気なのは「瀬戸内のじゃこピッツア」。地元で作られた自家製じゃこ味噌を使い、季節の地野菜をトッピングした、これまでにない和風テイストのピッツアです。

 この他に、地元のイチゴをたっぷり使った「島採れイチゴのスムージー」、島育ちブルーベリーのオリジナルソースをたっぷり使った「まるごとブルーベリースカッシュ」もおすすめ。果実ごと味わえる逸品です。この他に地元産の素材をたっぷり使った手作りグラノーラと手作りパンも人気だそうです。

島採れイチゴのスムージー
まるごとブルーベリースカッシュ

 2Fにあるゲストハウス「なみトみなと」は、1人あたり2600円(税込、ドミトリー料金)から宿泊可能。宿泊者は、閉店時間の午後5時以降も11時までカフェルームを利用できる上、持込みでの飲食可能というゲストハウスならではのサービスを提供しています。有料でシャワーのみの利用ができるほか、工具類やポンプも常備しています。

所在地:愛媛県今治市波方町波方甲2264-38 なみかた海の交流センター1F
TEL:0898-33-0069
営業時間:11時~17時(L.O 16時半)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日休日)
店舗URL:http://www.cyclocafe-shimanami.com/
【MAP】

「自転車Welcome café」募集中!

連載『Cyclist印の自転車Welcome café』では全国の“サイクリストウェルカム”なカフェ(飲食店)を紹介しています。バイクラックを設置していたり、はらペコサイクリストのおなかを満たす名物メニューがあったり、さらにはオーナー自身がバリバリのサイクリストだったり…。サイクリストを歓迎する要素があり、かつ『Cyclist』で紹介してほしいという店舗は以下のフォーマットから詳細をご確認の上、店舗情報・PRコメントなどを入力してください。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

Cyclist印の自転車Welcome café

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載