税込み10万円の車体で1か月275円SBI日本少額短期保険が自転車保険2種の加入条件を見直し 10万円代の車体も申し込み可能に

  • 一覧

 SBI日本少額短期保険が販売する「BICYCLE保険」と「みんなのスポーツサイクル保険」の加入条件が見直され、パーツ代を含めて10万円代の車体でも保険に加入できるようになった。自転車本体やアクセサリー類の、事故による全損、半損、または盗難を補償する保険だ。

SBI日本少額短期保険が販売する保険2種の加入条件が見直された ©SBI日本少額短期保険

 2種類の保険はこれまで、加入条件をアクセサリーを含めた20万円以上の車体と定めていたが、保険の販売当時と比べて低価格帯の車体が充実してきたことや、顧客の要望が多かったことを受け、保険の引き受け範囲拡大に踏み切った。

 今回の加入条件見直しでは、ライトやフェンダーなどのアクセサリーを含め、車体の金額が10万円以上であれば、新車や中古車に関わらず保険に加入できるようになった。

 両保険は、交通事故による自転車の全損や半損、盗難補償が付属するスポーツサイクル向けの商品。保険は事故や盗難にあった場合、その金額に応じて補償を受けられるもので、車体と購入時に取り付けたパーツが補償対象となる。保険は車体の金額に応じて変動する仕組みで、サイトに掲載されている保険の参考費用は、税込み10万円の車体で1か月275円だ。

 「みんなのスポーツサイクル保険」はSBI日本少額短期保険のWEBページで申し込みとなる。「BICYCLE保険」は保険市場やサイクルショップで加入を受け付ける。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

自転車保険

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載