エントリーは10月1日まで初開催「富士山ヒルクライム」の舞台を屈指のクライマーが試走 日本最大級の魅力に迫る

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 全長27.1km、標高差1653mという国内最大級の規模で10月20日、ヒルクライムレース「富士山ヒルクライム」が静岡県御殿場市の富士山スカイラインを舞台に初開催する。大会に先立ち、コース試走をした強豪ヒルクライマーたちに密着。コース実走を体験したメンバーに魅力を聞いた。

「富士山ヒルクライム」のコースを試す兼松大和さんと望月美和子さん Photo: Shusaku MATSUO

全長12kmのショートコースも用意

 「富士山ヒルクライム」の舞台になる富士山スカイラインは、「富士スバルライン」「ふじあざみライン」と並ぶ富士山五合目まで至るルートの一つだ。大会は御殿場市側から富士山スカイラインに入り、平均6.1%という急坂を駆け上がり、標高2380m地点にあるフィニッシュラインを目指す。厳しい斜度の上りが待ち受けるが、下りや平坦区間も登場し、バラエティに富んだコースレイアウトだ。

 今年が第1回目の開催となり、ルーツ・スポーツ・ジャパン主催のもと、御殿場市が共催、スルガ銀行の特別協力によって実現したヒルクライムレースだ。全国各地でサイクリング大会やレースなどでその土地の魅力を感じるシリーズ「ツール・ド・ニッポン」のイベントにも組み込まれている。

富士山スカイラインに挑むメンバー。左から望月美和子さん、川口将司さん、篠さん、兼松大和さん Photo: Shusaku MATSUO

 レースは男女ロードそれぞれが年齢別に細かくカテゴリーが分けられるほか、マウンテンバイク部門や電動アシストユニットを積んだe-BIKE部門が用意される。また、全長12km(平均斜度6.2%)のショートコースも設定。幅広い年齢やレベルのサイクリストが挑戦できるヒルクライムレースとなった。

 試走に臨んだのは日本屈指のヒルクライマーたちだ。スバルラインを58分台で走る兼松大和さんと、1時間12分台でLivアンバサダーの望月美和子さん、1時間17分台で走り、無類の山好きの篠さん、地元ライダーを代表した川口将志さんが参加。また、ルーツ・スポーツ・ジャパンの網野優介さんもコラテックのe-BIKE「E SHAPE」で5合目を目指した。

●富士山ヒルクライム

●富士山ヒルクライム ショートコース

 大会のメイン会場となるのは「富士山樹空の森」。広々とした公園からは、富士山の雄大な姿を望むことができる。

メイン会場から計測地点までは約6kmを自走で移動 Photo: Shusaku MATSUO
晴れていれば雄大な富士山が目の前に広がる(御殿場市)
「国立青少年交流の家」前が計測地点だ Photo: Shusaku MATSUO

 スタート地点は会場から約6km離れた「国立中央青少年交流の家」前だ。スタートまでの移動は軽い上りが続くことから
ウォーミングアップとばかりに脚を回すことができる。計測開始地点にたどり着くと、そこからは10%弱ほどの上りが続く。ヒルクライマーたちは臆することなく「行ってきまーす!」とケイデンス高めに出発した。

コース序盤は緑深いワインディングロードが続く Photo: Shusaku MATSUO
太郎坊洞門のトンネルを抜けるとショートコースのフィニッシュまでほど近い Photo: Shusaku MATSUO
水ヶ塚公園がショートコースのフィニッシュ地点 Photo: Shusaku MATSUO
試走メンバーもここで一休み Photo: Shusaku MATSUO

 先が見通せる直線的な上りを抜けると、緑が濃く、コーナーが続くワインディングロードへと突入。急こう配が続くが、景色が変わるので退屈しない。望月さんは自分のペースで、しばしば腰を上げてダンシングしながら軽やかに坂を上っていく。7.5kmほど走ると太郎坊洞門のトンネルが出現。ここまでくればショートコースのゴールが近い。その後は平坦基調の道をハイスピードで進み、森の駅富士山がある水ケ塚公園までたどり着くとショートコースのフィニッシュとなる。

高鉢ゲートまでは下り基調の道が続く Photo: Shusaku MATSUO
登山区間に入ると中間地点を迎える Photo: Shusaku MATSUO

完走はタイムは90分以上

 一息ついた試走メンバーだが、五合目を目指して再びペダルを漕ぎ始めた。ここから登山区間入口となる高鉢ゲート(旧料金所)までは下り基調の道が続く。兼松さんは「ここはスピードが出るから、タイムを狙うなら先頭集団にとどまりたいところ。ペース管理が非常に大事になるでしょう」と前半までのレイアウトを振り返る。

ゲートを通過し、五合目を目指すメンバー達 Photo: Shusaku MATSUO
兼松大和さんも持ち前の鋭いアタック力で攻めの走りを披露する Photo: Shusaku MATSUO

 ゲートを抜けると標高は1800m近くになる。周りの木々は針葉樹へと変化し、ヘアピンコーナーの数も多く、だんだんと五合目が近づいていることが肌で感じられる。「三合目 標高2000m」や「五合目まで2km」の看板がモチベーションを高める。晴れればパノラマが広がる登坂路だが、この日はあいにくの霧模様。メンバーたちは一列になり、フィニッシュ地点目指してペダルに力を込めた。

厳しい上り区間でもe-BIKEなら汗ひとつかかない? e-BIKEカテゴリーのエントリーも受付中だ Photo: Shusaku MATSUO
晴れていれば絶景が広がるポイントだが、あいにくの空模様に Photo: Shusaku MATSUO
見通しの良さが斜度の感覚を狂わせ、ペース配分を難しくさせるという Photo: Shusaku MATSUO
五合目までの距離を表示した看板がモチベーションを高める Photo: Shusaku MATSUO

 岩が転がる山肌が露わになり、森林限界を迎え始めるとゴールはすぐそこ。厳しい斜度の最終ヘアピンコーナーを立ち上げるとフィニッシュラインとなる。上り口から常に軽快な走りを披露した篠さんをトップに、全員が笑顔で富士スカイラインを完走した。計測地点からフィニッシュラインまで、2時間弱。途中で止まる時間もあったものの、並大抵の距離のヒルクライムではない。

フィニッシュラインをトップで切る篠さん Photo: Shusaku MATSUO

 兼松さんはコースの印象をこう語る。「上級者でもペース配分が大変で、難易度が高いコースでした。平地や下りがあるので、ピュアクライマーが後半に勝負を仕掛けてもいいし、平坦が得意なクライマーが要所でアタックをかけてもいい。駆け引きも見所になるでしょう。面白いレースになると思いますよ!」

五合目の看板前で記念撮影 Photo: Shusaku MATSUO
セルフィ―で1枚! Photo: Shusaku MATSUO
ウィンドブレーカーを纏い、万全の防寒対策で下る Photo: Shusaku MATSUO
大会本番も水ヶ塚公園で休憩。長い下りで消耗した体力を回復させ、安全に下山する Photo: Shusaku MATSUO

 望月さんは「開けた絶景や変わる景色、先が見えないワインディングロードにワクワクして思わず頑張ってしまい、楽しみながら走りました。スバルラインよりも景色が良く、好きなルートです」と魅力的なコースをお勧めした。また篠さんは「晴れたら雲海や富士山が見えるのが魅力です!」と話しつつ、山を走り慣れている経験から「最低でも90分以上と競技時間が長いので、一回はジェルなどで補給を入れた方が良いですね」とアドバイスを述べた。

「ピュアクライマーでも、“踏める”クライマーでもチャンスはある。上級者でも面白いコースです!」と評価した兼松大和さん Photo: Shusaku MATSUO
「競技時間が長いので、ジェルなどを頬給した方が良いですね」とアドバイスした篠さん Photo: Shusaku MATSUO

 「一般人代表です」と謙遜しながらも、豪華メンバーとともに完走を果たした川口さん。「速い方たちは下りや平地で踏まなければなりませんが、完走を目指すには休憩スポットでもあります。自分のペースで走るためにも、他のヒルクライムにはないポイントになると思います」と語った。

「下りや平坦でペースを整えてもいいですね!」と振り返った川口将志さん Photo: Shusaku MATSUO
「景色が奇麗だし、思わずペースを上げてしまうほど楽しかったです」と語った望月美和子さん Photo: Shusaku MATSUO

 富士山ヒルクライムへのエントリーは10月1日まで。スポーツエントリーのウェブ上から申し込みできるほか、電話でも受け付けている。令和元年のシーズン締めくくりに、日本最大級のヒルクライムに出場してみてはいかがだろうか。
(提供:ルーツ・スポーツ・ジャパン)

フォトギャラリー


この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載