ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 第14ステージベネットがスプリントを制し2勝目 大規模落車も救済措置、総合上位は変わらず山岳決戦へ

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 第74回ブエルタ・ア・エスパーニャの第14ステージが9月7日に行われ、サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ)が優勝した。ブエルタでの数少ないスプリントステージで今大会2勝目を手に入れた。マイヨロホは、プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)がキープ。残り1kmでの大規模落車に巻き込まれたものの、救済措置が取られタイムを失わずに済んだ。 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)は109位でゴールした。

今ブエルタ2勝目のベネット。名スプリンターにふさわりい走りをみせた Photo: Yuzuru SUNADA

スプリンター待望の平坦ステージ

 第14ステージは、サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラからオビエドまでの188km。久しぶりの平坦ステージだ。だが、終盤の165.4km地点の3級山岳が登場。ゴールまでの1kmは上り基調となっている。このレイアウトがレースに思わぬ影響を与えるかもしれない。

 とは言ってもブエルタにおいては数少ないスプリンター向けのステージ。ベネットやファビオ・ヤコブセン(オランダ、ドゥクーニンク・クイックステップ)、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAE・チームエミレーツ)らは、鼻息荒く勝利を狙ってくるだろう。

サン・ビセンテ・デ・ラ・バルケラをスタートしていく選手の一団 Photo: Yuzuru SUNADA

 スタート後、逃げたのは6人。シルヴァン・ディリエ(スイス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)、ルカ・ピベルニク(スロベニア、バーレーン・メリダ)、ハーム・ファンフック(ベルギー、ロット・スーダル)、サルヴァトーレ・プッチョ(イタリア、チーム イネオス)、ディエゴ・ルビオ(スペイン、ブルゴス・BH)、ステファヌ・ロセット(フランス、コフィディス ソルシオンクレディ)が先行した。

平坦ステージらしく、逃げとメイン集団でレースは展開 Photo: Yuzuru SUNADA

 一方メイン集団は、ボーラ・ハンスグローエやドゥクーニンク・クイックステップがコントロール。100km以上過ぎてもこの構図は変わらず、タイム差は1分から1分半程でコントロールされていた。

 残り62kmで、逃げからロセットが脱落し逃げが5人となるが大きな動きは出ず。その後、タイム差が2分となる場面もあったが、メイン集団は逃げをいつでも捕まえられる状況。ゴール前のスプリントに向け、レースは淡々と進んでいった。

逃げはラスト4.5kmで吸収

 そしてレースは終盤へ。一行は、この日唯一のカテゴリー山岳に突入。逃げとメイン集団のタイム差は約1分半で、集団の先頭にはドゥクーニンク・クイックステップ、ミッチェルトン・スコット、UAE・チームエミレーツといったスプリンター擁するチームが出てきていた。

昨日の激しい展開とは打って変わって、静かに進むレース Photo: Yuzuru SUNADA

 徐々に縮まるタイム差。ゴールまで残り15kmで約30秒、8kmで15秒、6kmで8秒となり、吸収は時間の問題に。先頭からはルビオが遅れ、逃げは4人なっていた。

 そして、残り4.5km、ここまで必死に逃げたメンバーも力尽き吸収。レースはリセットされ、ゴールに向け集団にも緊張感が走る。

 集団はドゥクーニンク・クイックステップが積極的に牽引。一方、ユンボ・ヴィスマ、モビスター チームなどの総合系チームも危険回避のため、集団前方に姿を現していた。残り3.7km、集団先頭はボーラ・ハンスグローエ。サム・ベネットの為に前を走り、集団をふるいにかける。

フラムルージュで大落車

 ゴールに向けスピードが上がり続けていた残り1km、なんと集団後方で大規模な落車が発生する。ログリッチェやタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)、 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)ら、総合上位勢も多くいた集団。足止めを余儀なくされる。

早がけで優勝を狙ったファンデルサンドは惜しくも3位 Photo: Yuzuru SUNADA

 こうなると、ステージ優勝は前でレースを展開していた選手で争われることになる。1kmを切って前にいたのは、ゼネク・スティバル(チェコ)、マキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン)、ヤコブセンのドゥクーニンク・クイックステップ勢。落車によりアシストを失った選手が多数いる中、有利な状況を作っていた。その姿をみて早がけしたのが、単独になっていたトッシュ・ファンデルサンド(ベルギー、ロット・スーダル)だった。一か八かでスプリントを開始して先行。落車で集団が混沌とする中、このまま独走勝利かとも思われた。

 だが、そこで待ったをかけたのがベネット。ドゥクーニンク勢の後ろで息を潜めていたところから、タイミングよく単独スプリントを開始しみるみるうちにトップへ躍り出る。結局、ベネットのスプリントは他を寄せ付けず。最後は後ろを振り返る余裕もみせ、優勝を果たした。

落車に巻き込まれたが無事ゴールしたログリッチェ Photo: Yuzuru SUNADA

 一方の総合勢、大規模落車に多くの選手が巻き込まれたものの、ラスト3km以内のため救済措置の対象に。ログリッチェ、ポガチャルも落車したが、ポディウムには笑顔で登っていた。総合トップ10は変わらず、翌日の山岳決戦に向かう。

 第15、第16ステージは厳しい山岳ステージ。間違いなく今ブエルタの山場と言えるだろう。熾烈な総合争いから目が離せない。

第14ステージ結果
1 サム・ベネット(アイルランド、ボーラ・ハンスグローエ) 4時間28分46秒
2 マキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン、ドゥクーニンク・クイックステップ) +0秒
3 トッシュ・ファンデルサンド(ベルギー、ロット・スーダル)
4 マルク・サロー(フランス、グルパマ・エフデジ)
5 クレマン・ヴァントゥリーニ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)
6 マルク・ソレル(スペイン、モビスター チーム)
7 ヨーナス・コッホ(ドイツ、CCCチーム)
8 ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)
9 マキシミリアン・ヴァルシャイド(ドイツ、チーム サンウェブ)
10 シュモン・サイノク(ポーランド、CCCチーム)
109 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +3分51秒

個人総合(マイヨロホ)
1 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 53時間49分14秒
2 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) +2分25秒
3 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) +3分1秒
4 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム) +3分18秒
5 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) +3分33秒
6 ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) +6分15秒
7 ニコラ・エデ(フランス、コフィディス ソルシオンクレディ) +7分18秒
8 カールフレドリク・ハーゲン(ノルウェー、ロット・スーダル) +7分33秒
9 ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、チーム サンウェブ) +7分39秒
10 ハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・メリダ) +10分3秒
135 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +2時間28分54秒

ポイント賞(プントス)
1 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 109 pts
2 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 86 pts
3 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) 82 pts

山岳賞(モンターニャ)
1 アンヘル・マドラソ(スペイン、ブルゴス・BH) 32 pts
2 ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) 30 pts
3 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 25 pts

新人賞(マイヨブランコ)
1 タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 53時間52分15秒
2 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム) +17秒
3 セルジオ・イギータ(コロンビア、EFエデュケーションファースト) +8分51秒

チーム総合
1 モビスター チーム 160時間36分21秒
2 アスタナ プロチーム +25分51秒
3 ユンボ・ヴィスマ +43分44秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ブエルタ・ア・エスパーニャ2019 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載