2020年から始動地域密着型チーム「さいたまディレーブ」発足 初年度からJPT、UCI登録を目指す

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 地域密着型のプロチーム「さいたまディレーブ」の発足が9月2日、さいたま市内で発表された。チームは2020年から、元プロロードレーサーの長沼隆行氏の指揮のもとで活動を開始。初年度から日本最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」(JPT)へのチーム登録と、UCI(国際自転車競技連合)の登録を目指す。

チーム発足を発表した長沼隆行氏(中央)を囲む、JBCF理事長の片山右京氏(右)、サイタマサイクルプロジェクト代表の川島恵子氏 Photo: Shusaku MATSUO

 チームを率いるのは宇都宮ブリッツェンなどのチームで活躍した元プロロードレーサーの長沼隆行氏。運営会社のオリエンタルスポーツ代表として、活動のベースとなるさいたま市にチームを発足させた。チームの目標はJPTの登録のほか、UCIに登録することで地元で開催される「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」への出場。その後、2025年までに国内ロードレースを制覇、2030年から欧州での活動を目指し、さらに2035年までにグランツール出場を構想しているという。

埼玉に伝わる竜伝承に基づき、ドラゴンをモチーフとしたロゴに

 チーム名は埼玉県に残る竜伝承に基づくドラゴンのDと、フランス語で「夢」を意味するRAVE(レーブ)の造語。自転車王国さいたまの夢を叶える意味も込められている。コンセプトカラーはグリーン/ブラックをメインカラーに、セカンドカラーとしてゴールドが設定された。

 チームはロードレースに出場するほか、自転車安全教室の実施やサイクルイベントのサポートなど地域での貢献活動に注力していく。これらの活動は同地域でJエリートツアーを運営するサイタマサイクルプロジェクトと協業していくという。また、ホームレースの運営やジュニア世代の育成といった文化形成にも力を入れる。

 現在、来期所属する選手との交渉を行っており、調整がつけば年内に発表されるという。人数は10名程度を目指しておりで、地元に所縁のあるメンバーを集めたいとしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

Jプロツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載