2年目の目標はJプロツアーでチーム総合優勝“カズ”山本や“最強クライマー”森本が加入 キャノンデール・チャンピオンシステムがチーム体制を発表

  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)のコンチネンタルチームとして活動する「キャノンデール・チャンピオンシステム」が2月11日、東京都内でチーム発表会を行い、2013シーズンの体制を関係者にお披露目した。MTBトップライダーとして活躍してきた“カズ”こと山本和弘や、“最強ヒルクライマー”の呼び声高い森本誠が加入し、Jプロツアーのチーム総合優勝を目指す。

佐藤成彦GM兼監督と8人の選手たち。バイクはキャノンデールのスーパーシックス・エボを使用佐藤成彦GM兼監督と8人の選手たち。バイクはキャノンデールのスーパーシックス・エボを使用
佐藤成彦ゼネラルマネージャー兼監督佐藤成彦ゼネラルマネージャー兼監督

 チームは昨年「キャノンデール・スペースゼロポイント」として設立され、初年度ながらJプロツアーでチーム総合2位の好成績を残した。2年目の今季は、サブスポンサーにウェアメーカーのチャンピオンシステムを迎え、体制を充実させる。UCI登録名は「C PROJECT」。

 チーム活動の目標として、佐藤成彦ゼネラルマネージャー兼監督は、第一に「ヨーロッパをはじめ世界中のプロツアーで通用するトップ選手の輩出」を掲げた。「時間を掛けながらも最短距離を狙って活動する」と話し、共通のスポンサーを持つUCIプロチームの「キャノンデール・プロサイクリング」(イタリア)、UCIプロコンチネンタルチームの「チャンピオンシステム」(香港)という上位カテゴリーのチームと協力して選手強化に取り組む方針を示した。

 選手は大幅に入れ替わり、8人中5人が新メンバーとなった。

MTBからロードに電撃転身した山本和弘MTBからロードに電撃転身した山本和弘

 注目されるのは、山本“カズ”和弘だ。MTBのプロ選手として10年のキャリアを持ち、昨年も全日本選手権、五輪予選会で、弟の山本幸平に続く2位に入る好成績を収めた現役トップ選手。しかし昨年末、まさかの「ロード完全転向宣言」を出してレース関係者やファンを驚かせた。

 「マウンテンバイクはオリンピック出場を目指してずっとやってきた。結果として出場は叶わなかったけれど、オリンピック選考会や全日本選手権で(弟の)幸平と1-2を飾ることができ、やりきった感じがしていた。ちょうどその時に佐藤さん(監督)からこのお話をいただき、ぜひやってみようと思い決断した。今はとても楽しくワクワクしている。マウンテンバイクに未練は全くありません」

 すでにタイで1ヶ月の乗り込みを済ませており、新城幸也、宮澤崇史、福島晋一らと毎日トレーニングしていたという。特に福島からは「ロードレースの全てを伝授された」といい、チームの頭脳、精神的柱としての活躍が期待される。自身も得意とする山岳のレースでは結果を狙っていくという。

アマ時代からヒルクライムレースで名声を得ている森本誠アマ時代からヒルクライムレースで名声を得ている森本誠

 また新たに33歳の森本誠が「プロ転向」して加入する。かつてフルタイムワーカーながらJプロツアーのヒルクライム大会で優勝し、現在も富士あざみラインの日本人記録を保持する“最強ヒルクライマー”だ。今年は自転車に専念することになり、「年齢的に先は短いと思うが、密度濃く過ごしたい」と語る。ヒルクライム系のレースとともに、今年は全日本選手権のタイトルも狙いたいという。

17歳、現役高校生レーサーの岡篤志17歳、現役高校生レーサーの岡篤志

 若手の注目選手は岡篤志だ。現役高校生ながら、昨年途中にJプロツアーに昇格。いわきクリテリウムや、ジャパンカップオープンレース(U23)で2位に入る活躍を見せた逸材だ。今春には高校3年生に進級し、卒業後は海外で走りたいという。「積極的な走りをして、将来につながる結果を残したい」と意気込み、全日本選手権ジュニア優勝を目標に挙げた。

 昨年、チームを牽引した鈴木真理、小室雅成の両ベテランがチームを去ったが、佐藤監督は「バランスは良くなった」とみている。昨シーズン後半に鈴木がケガで戦線を離脱して以降、チームワークを重視する戦略に切り替えて結果を残したことが、佐藤監督にとって自信につながったといい、今季は「昨シーズン学んだことを、より具現化した」という布陣で臨む。

 チーム初戦は4月7日のチャレンジサイクルロードレース。11月のツール・ド・おきなわまで、国内のJプロツアーやUCIレースを中心に活動する。

チームが使用するキャノンデール スーパーシックス・エボチームが使用するキャノンデール スーパーシックス・エボ
コンポはスラムのRED、ハンドル・ステムはFSAのSL-K、バーテープはフィジーク、メーターはガーミンの主にエッジ500Jを使用コンポはスラムのRED、ハンドル・ステムはFSAのSL-K、バーテープはフィジーク、メーターはガーミンのエッジ500Jを主に使用
ペダルはスピードプレイ。チェーンはKMC。全体にチームカラーであるグリーンを差し色にした統一感のあるバイクペダルはスピードプレイ。チェーンはKMC。全体にチームカラーであるグリーンを差し色にした統一感のあるバイク
スラムREDの変速機。「レッド」だがグリーンのスペシャルカラー仕様だスラムREDの変速機。「レッド」だがグリーンのスペシャルカラー仕様だ
サドルはフィジーク。アリオネ、アンタレス、アリアンテの3種類から選手が体に合わせて選ぶというサドルはフィジーク。アリオネ、アンタレス、アリアンテの3種類から選手が体に合わせて選ぶという

キャノンデール・チャンピオンシステム(cannondale championsystem)

UCI登録名:C PROJECT
活動拠点:千葉県松戸市
ウェブサイト:cproject.net
Facebook:www.facebook.com/cproject.net

選手
遠藤 績穂  (キャノンデール・スペースゼロポイント 2 年目)
大場 政登志 (Team EURASIA より移籍)
岡 篤志   (キャノンデール・スペースゼロポイント 2 年目)
澤田 賢匠  (CIERVO NARA PRO CYCLING TEAM より移籍)
高宮 正嗣  (鹿屋体育大学自転車競技部より加入)
原川 浩介  (キャノンデール・スペースゼロポイント 2 年目)
森本 誠   (イナーメアイランド信濃山形より移籍)
山本 和弘  (Cannondale Racing Team(MTB) より移籍)

スタッフ
ゼネラルマネージャー  佐藤 成彦
アシスタントマネージャー  岩切 玲
監督  佐藤 成彦
メカニック  日比谷 篤史

この記事のタグ

キャノンデール チャンピオンシステム

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載