調子は上向き「来週は走れるはず」與那嶺恵理がノルウェーのワールドツアーを総合67位完走 途中落車もチーム好成績に貢献

  • 一覧

 アレ・チポッリーニの與那嶺恵理はUCI女子ワールドツアー「レディースツアー・オブ・ノルウェー」で、第3ステージを区間85位、第4ステージを区間58位で終え、個人総合67位でフィニッシュした。チームは全ステージで10位以内、また総合山岳賞を獲得と好成績を収めた。

ノルウェーの女子ワールドツアーを総合67位で完走した與那嶺恵理 Photo: Anton Vos

 8月24日、125kmで行われた第3ステージ。今大会前半は調子が悪かったという與那嶺だが、この日はようやく調子が上向きになったという。山岳、スプリントの両エースをアシストする走りをみせていたが、終盤に集団先頭付近で落車に巻き込まれ、ヘルメットが割れる大クラッシュとなった。幸いにも大きなダメージは無く、翌日の最終ステージへと駒を進めた。

 翌25日、最終となる第4ステージは156.2kmで行われた。與那嶺は前日の落車の影響が残るなか最後まで集団内で耐えてゴール。苦戦しつつもチームの好成績をアシストしながら完走を果たした。

 シーズン後半のワールドツアー連戦が続く與那嶺。次戦は31日、フランスでの女子ワールドツアー「GPプルエー」になるという。

 與那嶺のコメントは次の通り。

 第3ステージ、コンディションが良くなってきました。が、最後に落車に巻き込まれ頭から転びました。ヘルメットも割れました。心も折れました。

 やっと走れる状態。スタートから位置取り含めて良い感触、前で前で展開ができました。前半のスプリントポイントも、KOMもチームのためにお仕事が出来、元気に前で展開しながら、走れる感触でゴールを目指します。ゴールは上り、ソラヤのセットアップを。

 残り15km、先頭付近でミッチェルトンの後ろに陣取りポジションキープでダウンヒル。まさかの…ミッチェルトン同士が接触し落車…真後ろの私はどうにも避けようがなく…。久しぶりに頭から飛びました。受け身を取った気がしません…。

 幸いにもヘルメットが割れただけ。身体は大丈夫。首が痛い。走れるときにこれかよ…。ノルウェーは心が折れます…。お祓いをしてもらいたいです。泣きそうになりながらゴールしました…。

 最終日。無事におうちに帰りたい。チームはバンチスプリントでクロエで狙います。コンディションは良く分からない。前日の落車の影響もあり、身体は痛いし重いし。

 前半はボトル運び。中盤からはヒラヒラしながら最後の周回に向け、プロトンは緩まずどんどん進みます。最後は周回は5km弱を4周。選手がどんどん切られて行きました。今日だけで12人がカットオフ。

 私はポジションキープで精一杯。クロエのお仕事も大して出来ずでした。

 チームとしては大成功。表彰台にKOMを獲得。私はコンディションが良くなった時に落車。しょうがない。の一言です。トレーニングと負荷はしっかり掛かったので来週は走れるはず。帰宅して身体と心をもう一度整えて、今週末のワールドツアーフランスへ向かいます。

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載