一般女子は牧瀬翼が連覇「マウンテンサイクリングin乗鞍2019」中村俊介が54分41秒の大会新記録で連覇

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 第34回「マウンテンサイクリングin乗鞍2019」が8月25日に長野県松本市で開催され、チャンピオンの部で中村俊介(SEKIYA)が大会記録となる54分41秒の好タイムを叩き出し、昨年に続いて連覇を果たした。2位は森本誠(GOKISO)、3位には梅川陸(大泉愛輪会)が入った。一般女子の部も、牧瀬翼が1時間6分48秒で連覇した。

昨年に続いて連覇を果たし、ガッツポーズをとる中村俊介 Photo: Shusaku MATSUO

 朝から晴天に恵まれた空の下、全長20.5km、獲得標高1260mというコースを、総勢4475人の参加者が走り抜けた。上位3選手が大会記録を上回る激闘を見せ、中村との接戦に敗れた森本は惜しくも1秒37差で2位。3位には9秒64差の梅川が続いた。

■チャンピオンクラス
1.中村俊介(SEKIYA) 54分41秒
2.森本誠(GOKISO) 54分43秒
3.梅川陸(大泉愛輪会) 54分51秒

■一般女子の部
1.牧瀬翼 1時間6分48秒
2.佐野歩(TeamGreenRoad) 1時間6分59秒
3.金子広美(イナーメ信濃山形 バイクサンド R×L) 1時間9分9秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヒルクライム レース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載