新製品情報2019キャニオンのシクロクロスバイク「インフライト」シリーズ 2020年モデルが発売

  • 一覧

 キャニオンのシクロクロスバイク「インフライトシリーズ」の2020年モデルが発売を開始した。トップチューブが屈曲した特徴的なデザインを採用し、上位モデルは現世界チャンピオンのマチュー・ファンデルプール(オランダ、コレンドン・サーカス)が使用。計6車種のラインナップとなっている。

キャニオンのシクロクロスバイク「インフライト」シリーズの2020年モデルが発売開始 ©Canyon Bicycles

コレンドン・サーカスカラーも登場

 クロスカントリーマウンテンバイクの開発経験を生かしたインフライトシリーズは、シクロクロス専用の「Cross Pro」ジオメトリーを採用。テクニカルな局面でのバイクコントロールを向上させた。屈曲したトップチューブはスムーズなバイク担ぎを実現し、上げ下ろしを安定させる。幅広いサイズ展開も特徴で、身長152cmから対応する3XSサイズもラインナップ。3XSと2XSは650Bのホイールを採用し、小さなサイズでも担ぎの際に肩を出し入れするスペースの確保と、バイクコントロール性能を実現している。

トップグレードの「インフライト CF SLX9.0」 Team ©Canyon Bicycles

 2020年モデルはトップグレードの「インフライト CF SLX」(完成車2車種、フレームセット販売あり)、ミドルグレードの「インフライトCF SL」(完成車3車種、フレームセット販売あり)、アルミフレームを採用した「インフライト AL SLX」(完成車1車種)がラインナップしている。シクロクロスデビューを控えるビギナーかトップレーサーまで幅広いニーズに対応する品ぞろえだ。

 インフライトCF SLXはフレーム重量940gと軽量な仕上がりになっており、急加速や優れた反応性を備えたトップグレード。ファンデルプールが所属するコレンドン・サーカスのレプリカカラーも展開している。セカンドグレードのインフライトCF SLはトップグレードと同形状ながらカーボン素材を変更したモデル。剛性と耐久性はCF SLXと同様だという。こちらにもチームカラーが採用されている。

ミドルグレードの「インフライトCF SL 6.0」 ©Canyon Bicycles
アルミグレードの「インフライトAL SLX」 ©Canyon Bicycles

 カーボンモデルと同様にCross Proジオメトリーを採用したエントリグレードがインフライトAL SLX。アルミフレームを用いたエントリーグレードながら、上位モデルを踏襲したデザインに12mmスルーアクスルやフラットマウントブレーキを採用し戦闘力を確保。完成車価格で税抜17万9000円(送料別)という手が届きやすい価格設定なので、シクロクロスデビューに最適な1台だ。

■「インフライトCF SLX」
税抜価格:479,000円(シマノアルテグラRX Di2)、469,000円(スラムフォースeTap AXS),219,000円(フレームセット)
サイズ:3XS、2XS、XS、S、M、L、XL、2XL

■「インフライトCF SL」
税抜価格:359,000円(スラムフォース1)、289,000円(シマノアルテグラRX)、239,000円(スラムライバル1)、179,000円(フレームセット)
サイズ:3XS、2XS、XS、S、M、L、XL、2XL

■「インフライトAL SLX」
税抜価格:179,000円(スラムエイペックス1)
サイズ:3XS、2XS、XS、S、M、L、XL、2XL

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャニオン シクロクロス 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載