世界選手権は3週間後に迫るドリームシーカーがMTBワールドカップ第6戦に出場 山本幸平は99位、U23北林力は58位

  • 一覧

 「dream SEEKER MTB Racing Team」(ドリームシーカーMTBレーシングチーム)の山本幸平と北林力が、8月11日にスイスのスイス・レンツァーハイデで開催された、MTBワールドカップ・クロスカントリーの第6戦に出場した。山本は99位、U23に出場の北林は58位でレースを終えた。

レース中の山本幸平 Photo: DSMTB2019
XCO U23クラスを走る北林力 Photo: DSMTB2019

 山本が出走したエリートクラスは116人がエントリーし、29kmで争われた。山本はトラブルの影響で大幅に遅れ、優勝したマチュー・ファンデルプール(オランダ)から80%の以内のラップタイムで周回することができずにレースから除外。マイナス2ラップの99位でフィニッシュした。

 アンダー23カテゴリーには北林が参加。24.8kmを110人で争った。北林はトップのコロンボ・フィリッポ(スイス)から7分17秒遅れの58位でワールドカップ第6戦を終えた。

山本幸平のコメント

結果は80%のルールによって、レースから除外されてしまい、トラブルがあって自分の力を発揮せずに終わってしまった。このストレスを3週間後の世界選手権に向けぶつけて頑張りたいと思います。応援ありがとうございました。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載