title banner

サイクルイベントに出場してみよう! 大会の特徴や種類を紹介

  • 一覧

 サイクリングは自由気ままに走るのも楽しいですが、さまざまなサイクルイベントに参加すると、また違った楽しみ方ができます。この項ではロードバイク系でどのようなサイクルイベントがあるのかを紹介していきましょう。

スポーツ自転車でイベントに出てみよう Photo: Shusaku MATSUO

ロードレース

 ロードバイクは別名ロードレーサーというくらいですから、ロードレースは最も根源的なロードバイク向けイベントであると言えるかもしれません。距離は数十kmから長ければ100km以上、さらに長ければ200km以上のコースを、数十人から多ければ百数十人の参加者が、ヨーイドンで順位を競います。

タイムや順位を競い合う「ロードレース」 Photo: Shusaku MATSUO

 スピードやスタミナ、上りの速さや下りのテクニック、そしてライバルとの駆け引きなど、総合的な走力が試されます。選手同士が車間数十センチといった密集した集団で走り、集団から離れてしまうと実質レース終了となってしまうので、参加して楽しむにはそれなりのトレーニングを積む必要があります。

ヒルクライム

 レース系のイベントですが、上り坂に特化したコースで行われるのがヒルクライムです。コース長は10〜20kmくらいが多いですが、もっと短かったり長かったりする場合もあります。富士山など有名な山や峠を登る大会もあり、辛い上りを乗り越えてゴールまでたどり着いた達成感は格別です。上りなのでロードレースに比べて速度域が低く、集団もばらけやすいため、経験が浅いライダーでも比較的安全に走行できるメリットがあります。また同じコースでタイムを比べれば走力の進歩が分かりやすく、地道に体力を向上したい人には良い目標設定になるでしょう。

自分のペースで好タイムを狙う「ヒルクライム」 Photo: Shusaku MATSUO

エンデューロ

 オンロード系におけるエンデューロは、自動車やオートバイの耐久レースを模したレース系のイベントです(マウンテンバイクにもエンデューロという競技がありますが、全く違うものです)。周回コースを使い、規定時間内にどれだけ多く周回できるかを競います。

ソロやチームで周回数を競う「エンデューロ」 Photo: Shusaku MATSUO

 ソロ(1人)で走る場合もありますが、多くはチームを組んで、途中でライダーを交代しながら走ります。上位を狙うなら戦略性も必要になってきますが、多くの場合、仲間とワイワイ応援し合いながらゴールを目指すことを楽しみます。走り方はロードレース的になりますが、競技の性質上、道幅が広く走りやすい路面のコースが選ばれることが多く、また一つの集団から遅れても、別の集団にまた入りやすいので、ロードレースほどシビアではなくマイペースに楽しめます。自動車用サーキットで行われることも多く、F1など有名なレースが開催されるようなサーキットを自転車で疾走できるのも魅力です。

ロングライド

 数十kmから百数十kmの距離を、コースに沿ってサイクリングするイベントがロングライドです。コースを完走するのが目的なので、順位は付けられませんし、また上記3つのレースイベントと違って、公道を走る部分も交通規制されていないことが多いです。

長距離を楽しくサイクリングする「ロングライド」 Photo: Shusaku MATSUO

 同じゴールを目指して大勢で走ることで、長距離を楽しく、くじけず走りきれますし、また地元の絶景などを楽しめるルートが選ばれることが多いので、知らずに自分でサイクリングをするよりも、ナイスなスポットを効率良く巡ることができるでしょう。コース上には10〜20kmおきにエイドステーション(飲食料補給所)が設けられ、地元の幸を生かしたメニューを楽しめることが多いです。

グルメライド

 ロングライドの目的を、エイドステーションやコース途中の飲食店でグルメを楽しむことにより特化したものと考えるといいでしょう。コースやエイドステーションの間隔は短めに設定されることが多く、またコースを決めずに数カ所のエイドステーションを自由に巡るといった形式もあります。

ロングライドやグルメライドには地元グルメやスイーツが用意されているエイドステーションが設置されていることが多い Photo: Shusaku MATSUO

グランフォンド

 海外ではアマチュアサイクリスト向けの、制限時間が緩い長距離ロードレースといった趣ですが、日本では山岳コースを含んだ長距離(100km以上の)ロングライドを指すことが多いです。

ブルベ

 決められた長距離(200km、300km、400km、600kmなど)のコースを、順位にこだわらず制限時間内に完走し、完走の認定を得ることを目指す(「ブルベ」とはフランス語で「認定」を意味します)ロングライド系のサイクリングイベントです。距離やスタートの時刻設定によっては夜通し走る場合もあり、休憩や仮眠の取り方などの戦略性や、超長距離における過酷な走行環境や各種トラブルに対応していく冒険的要素が特徴と言えるでしょう。どの距離の認定を得たかがライダーの勲章となり、また制限時間自体は決して厳しいものではないので、比較的年配や女性の方でも挑戦できるのも魅力です。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載