旅の魅力をSNSで発信「四国一周サイクリングチャレンジ2019」開催 全国32人の若者が1000km走破に挑戦

  • 一覧

 愛媛県自転車新文化推進協会は、自転車で四国一周に挑戦する若者(18〜24歳の男女のグループ)を応援するプログラム「若者応援プロジェクト 四国一周サイクリングChallenge! -2019-」を今夏も開催する。全国各地から選ばれた32人の若者が、8月から9月の間に四国を一周する。

松山市の愛媛県庁で8月12日に開催されたスタートセレモニーの様子 © 愛媛県自転車新文化推進協会

 若者応援プロジェクトの実施は今回で3回目を迎える。今年は全国の応募者の中から、10チーム32人の学生を選抜。8月12日に愛媛県庁で行われたスタートセレモニーでは、大阪府から参加した「養殖マグロさんチーム」の3人と、福岡県の「KIT Cycling Club」(キット・サイクリングクラブ)の3人が、四国一周の旅に出発した。

「四国一周サイクリング」公式サイトでも、挑戦中の様子が更新される © 愛媛県自転車新文化推進協会

 同プロジェクトの参加者は、8月から9月にかけて約1000kmにもおよぶ四国一周のサイクリングルート走破を目指す。旅の途中では「魅力発信リーダー」として、人との出会いやサイクリングの様子など、四国の魅力をそれぞれの視点でSNSなどに投稿。四国の素晴らしさをより多くの人に知ってもらうためのPR活動に取り組む。

 愛媛県ではこのほか、「CHALLENGE 1000kmプロジェクト」も同時に進行している。若者に限らず自転車で四国一周に挑戦する人を随時募集中だ。エントリー料金として8000円支払うと四国一周チャレンジオリジナルの「サイクルジャージ」と、スタンプラリーシート「公式チャレンジパス」をプレゼント。

 また、エントリーから3年以内にチャレンジをクリアすると、愛媛県自転車新文化推進協会から「完走証」「バックル式完走メダル」が進呈される。昨年夏から海外エントリーも受け付けている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

四国一周サイクリング 愛媛県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載