title banner

山下晃和の「“キャンプ”ツーリングの達人」<13>実践“グラベルバイクパッキング”スタイル③ 全ての時間が楽しめるキャンプ旅

  • 一覧

 「実践シリーズ」と題し、山下晃和さんが3回に渡って実走リポートをお届けしている2泊3日の長崎キャンプツーリング。飛行機輪行で長崎まで飛び、空港からフェリーに乗って時津へ移動。そこから自転車に乗って長崎市内定番の観光地を巡り、念願だった長崎の夜景を堪能した後にキャンプ場へと到着しました。シリーズ最終回は雲仙経由で長崎空港へと向かう旅の模様をお伝えします。方角を決めたあとは「おもしろそうな道」を選べる自由さは、山下さんいわく「グラベルロード旅の特権」です。

グラベルロードバイクは、その名のとおりターマック(舗装路)よりもグラベル(未舗装路)の方が圧倒的に楽しい!こういうワイルドな道を走るためにあるのだと思いました。日本はまだ馴染みがないですが、グラベルロードが世界中で流行っているのも頷けます Photo: Akikazu YAMASHITA

方角決めたらルート選択は自由自在

 初日に利用した「崎野自然公園キャンプ場」から雲仙へと向かう道は2つあります。最短で行くには諫早市を通るルートですが、一方で「南の海沿いのルートの方が眺めが良い」という情報を耳にしました。キャンプ場の管理人の方やコンビニエンスストアの店員の方に尋ねても同じ意見でした。

 ということで南の海沿いのルートを目指すことに。途中に峠越えがありましたが、キャンプ道具満載のヘビーなグラベルロードなのでのんびり上ります。その分、日本らしい田園風景や瓦屋根の家々をゆっくり見下ろしながら走ることができました。

同じように坂道を一生懸命上って通学する学生たちの姿に、こちらも元気をもらいました。そして峠からの絶景をパチリ Photo: Akikazu YAMASHITA

 途中、肥前古賀駅から船石町を上がったところに「権現神社」という看板があり、さらによく見ると「林道権現線」という道標が。その後ろにはダブルトラックのダートが続いていました。あまりにも美しい木漏れ日に誘われるように入っていくと、現れたのは凸凹の未舗装路。これがとても楽しく、この「どこでも行ける」感がグラベルロードの旅の仕方だと再認識しました。

ワイルドな林道にかなりテンションが上がった筆者。荷物の積載がキマっていたので、凸凹道でも難なく走破! Photo: Akikazu YAMASHITA

 ダート走行をすると、荷物がきちんと積めていないと左右に車体が持って行かれるので、短い距離を走るだけでもとても勉強になりました。フレームの真ん中にボトルケージがあり、ここに水分を入れる理由も分かります。真ん中の部分は重くなってもそれほどダート走行に影響がないのです。

 このままこの未舗装路を抜けてしまうと、予定していたルートと違う場所に出てしまうのではと思い、途中で引き返して飯盛町へ。飯盛町で唯一平日でもランチ営業している「あやめ食堂」というお店に入り、長崎ちゃんぽんを食べ、予定通り海沿いの道に入りました(ちなみに後日、市の方に確認したところ、ここの未舗装路でも海沿いのルートへ抜けられるとのことでした)。

全くガードレールが無い海沿いの快走路。もちろん車通りもありません。美しい海を眺めながら走る気持ち良さは、筆舌に尽くしがたいです! Photo: Akikazu YAMASHITA

「旧小浜鉄道跡」を運転士気分で走る

 「旧小浜鉄道跡」という道を通って雲仙へと向かいます。文字通り、もともと鉄道の線路だったところを舗装路にしたもので、鉄道ファンであれば最高に楽しめるロケーションだと思います。大正12年から昭和13年まで実際に鉄道が走っていたそうで、かつて通過していたであろうトンネルや、海が見える絶景ポイントがあったり、さらに車通りも少ないので本当に走りやすかったです。走っている間、まるで当時の運転士になったような気分を味わいました。

ところどころにこのような道標が立っているので、道に迷うこともありません。絶景の連続なので、眺めている時間も多く、何度もブレーキレバーに指をかけました Photo: Akikazu YAMASHITA
車であれば行き違うのも大変なくらい狭い場所もありましたが、自転車であれば全く問題ありません。線路跡から見下ろす集落も日本家屋の屋根が見られ、感動でした Photo: Akikazu YAMASHITA
休憩で寄った雲仙の「&COFFEE」は美味しいコーヒーとパンがあってオススメ。店の前に自転車を駐めることができ、窓から見えるのも安心でした Photo: Akikazu YAMASHITA

 この日のキャンプ地は「休暇村雲仙」。ここは宿泊施設に大浴場(有料)があり、ゆったり湯船に浸かることができます。ロビーにはフリーWi-Fiも完備。そして僕は使いませんでしたが、無料のコインランドリーもあったようです。

 キャンプ場自体はかなりワイルドな感じで蚊が大量にいたのですが、お客さんは僕以外に1組しかおらず、スペースを広く使えましたし、自販機があったので飲み物も買うことができました。もちろん、水場もあります。ただ、休暇村の宿泊施設からキャンプ場までは少し離れているので、その間は自転車で移動した方が良いでしょう。

軽量化のためクッカーを持参しなかった今回。この夜も袋系の食べ物ばかり選びましたが、休暇村雲仙にはゴミ捨て場が完備されていて、お弁当にしなかったことを後悔 Photo: Akikazu YAMASHITA
キャンプ場はとても静かで、あっという間に眠れました。夜になっても比較的暑かったので、インナーテントは全てメッシュにして、スリーピングバッグは足元にかけるだけ。マットレスの上に寝ました Photo: Akikazu YAMASHITA

発見!日本の「キー・ウェスト」

 最終日は雲仙の温泉街まで上り、雲仙岳をかすめて「堤防道路」という有明海の上にかかる長い道を通ります。ちょうど真ん中が雲仙市から諫早市へとの境になります。雲が多く、湿度が高かったこともあって、この日は気持ち良いとはいえませんでしたが、晴れていたら最高の眺めだったと思います。僕はここを日本の「キー・ウェスト」(※)と呼ぶことにしました。

※米国本土の最南端にある島で、フロリダ州マイアミから海上を渡る橋で繋がっている

諫早市の道標が歩道の真ん中に。自転車も歩道を走ることができます。車道は飛ばす車が多く、怖くて走れませんでした Photo: Akikazu YAMASHITA

 長崎空港からすぐのところにある「天然温泉ゆの華サンスパおおむら店」という大きな温泉施設で汗だくになった身体を洗い、ゆっくりとご飯を食べてさっぱりした後に空港へと戻りました。輪行袋を取り出し、キャンプ道具をまとめたらチェックイン。長崎空港はそれほど広くないので、輪行した自転車を持ち運ぶ距離も短くて楽でした。

1日の走行距離は50kmが目安

たまたま撮れた電車とのツーショット。次回は鉄道輪行も組み合わせて旅がしたいものです Photo: Akikazu YAMASHITA

 グラベルロードで行く飛行機輪行キャンプツーリングは観光と、各地を巡るルート選びとライド、さらにカフェや山の中での休憩、キャンプの時間と全ての時間が楽しめます。そしてマイナスイオンがたっぷりの美しいダートの林道を見つけた時の喜びは、まるで宝物を見つけたような感覚でした。そんな偶然の発見は、本当に自転車の特権です。おまけに、旅費を安く抑えられるのも嬉しいポイントです。

 ちなみに、自転車で行くキャンプツーリング1日の距離は50km〜70kmくらいがちょうど良いでしょう。初めての人は20km〜30kmでも楽しいと思います。それは走る時間と同じようにキャンプ場で過ごす時間も楽しむため。キャンプ場でギアを使い、自然の中に身を置く時間も癒やしがあるからです。

 ぜひ、皆さんも自由なグラベルロードのキャンプ旅を楽しんでみてください!

3日目のルート。休暇村雲仙~長崎空港へと向かう77.2km 提供: Akikazu YAMASHITA
山下晃和山下晃和(やました・あきかず)

タイクーンモデルエージェンシー所属。雑誌、広告、WEB、CMなどのモデルをメインに、トラベルライターとしても活動する。「GARVY」(実業之日本社)などで連載ページを持つ。日本アドベンチャーサイクリストクラブ(JACC)評議員でもあり、東南アジア8カ国、中南米11カ国を自転車で駆けた旅サイクリスト。その旅日記をもとにした著書『自転車ロングツーリング入門』(実業之日本社)がある。趣味は、登山、オートバイ、インドカレーの食べ歩き。ウェブサイトはwww.akikazoo.net

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツーリング 山下晃和の「ツーリングの達人」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載