新製品情報2019フルクラムから「ウィンド」シリーズが登場 レーシングクアトロカーボンの後継モデル

  • 一覧

 イタリアンホイールブランドのフルクラムから、ミドル&ディープリムハイトのクリンチャーカーボンホイール「WIND」(ウィンド)シリーズが登場した。40mmと55mmハイトのディスクブレーキ用ホイールと、40mmハイトのリムブレーキ用の計3種がラインナップされる。

カーボンクリンチャーホイール「WIND(ウィンド)」シリーズが登場 ©FULCLUM

チューブレースタイヤにも対応

 ウィンドシリーズは「レーシングクアトロカーボン」の後継製品だ。ミドルハイト以上のカーボンクリンチャーながら1500~1600g台の重量に抑え、価格も税抜き約17万円程に設定されており、ホイールのグレードアップに最適なモデルとしてデビューを果たした。

「レーシングクアトロカーボン」の後続モデルとして進化を果たした ©FULCLUM

 「WIND 40 DB 2Way-fit」はディスクブレーキ用のホイール。リム幅27mmとワイドな設計となっており、適合タイヤ幅も23~50mmと幅広い。エアロ効果に加えて、タイヤの選択肢が広がったことによる、乗り心地の向上も期待できる。2Way-fitなのでクリンチャーの他、チューブレスタイヤの装着も可能だ。平坦から山岳までマルチに活躍する汎用性に優れたホイールとなっている。

ディスクブレーキ使用の「WIND 40 DB 2Way-fit」 ©FULCLUM
55mmハイトの「WIND 55 DB 2Way-fit」 ©FULCLUM

 同じくディスクブレーキ向けに設計された「WIND 55 DB 2Way-fit」は、55mmハイトのディープリムホイール。高いリムハイトだが、WIND 40 DB 2Way-fitと比較して前後で60gの重量増に抑えられている。屋外テストと風洞実験施設での開発が行われ、最適なエアロ効果を持たせつつ、横風の影響を最小限にしたデザインが採用されている。

リムブレーキ仕様の「WIND 40C」 ©FULCLUM
雨天時のブレーキング性能が30%向上した ©FULCLUM

 リムブレーキ用に設計「WIND 40C」はオールラウンドに活躍するホイールセット。ロングライドやトレーニング、レースまで1セットでこなす万能性を備えた製品だ。シューが当たるリム面はAC3レーザー処理が施されており、ブレーキング性能が向上。雨天時の制動力が最大30%アップしている。スポークはディスクブレーキ仕様の2種とは異なり、フロントがラジアル組で18本、リアがTwo to Oneスポークパターンを採用した21本となっている。

■「WIND 40 DB 2Way-fit」
税抜価格:168,000円(シマノ、カンパニョーロ)、169,000円(XDR)
重量:1,620g
重量制限:109kg
適合タイヤ幅:23~50mm
FWBバージョン:シマノ、カンパニョーロ、XDR

■「WIND 55 DB 2Way-fit」
税抜価格:171,000円(シマノ、カンパニョーロ)、172,000円(XDR)
重量:1,680g
重量制限:109kg
適合タイヤ幅:23~50mm
FWBバージョン:シマノ、カンパニョーロ、XDR

■「WIND 40C」
税抜価格:167,000円
重量:1,555g
重量制限:109kg
適合タイヤ幅:25~50mm
FWBバージョン:シマノ、カンパニョーロ

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

フルクラム ホイール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載