バイクインプレッション2019油圧ディスクブレーキ採用で隙のない完成度 ジャイアント「エスケープRディスク」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ジャイアントのクロスバイクシリーズから、油圧ディスクブレーキを装備した「エスケープRディスク」が登場した。シティライドに必要なスペックを全て満たしていると言っても過言ではない2020年の最新クロスバイクの性能を試した。

ジャイアントのクロスバイク「エスケープRディスク」 Photo: Masami SATOU

 エスケープシリーズはクロスバイクの定番中の定番として人気のモデル。15年以上も同ブランドのクロスバイクラインナップに採用され、時代に合わせて進化を果たしてきた。現行では幅広いスタイルにマッチする「エスケープR」と、カーボンフォークを用いたり、ロードバイクの素材を踏襲した仕様で、よりスポーティ走りが可能となった「エスケープRX」にラインが分かれている。

視認性に優れたインジケータ―付の変速レバー Photo: Masami SATOU

 今回新たに“ディスク化”を果たしたのは前者のエスケープR。前後にシマノ製の油圧ディスクブレーキを装備し、全天候で安定した制動力を発揮できるようになった。フロント3段×リア8段の24段変速はそのままに、前年モデルでは28Cだったタイヤが30Cへと変更され、さらなる安定感と快適性を手に入れた。なお、ディスクブレーキモデルのみフロントフォークはアルミ製となっている(他はクロモリフォーク)。

「これでいい」から「これがいい!」に

 ロードバイクユーザーの中にはクロスバイクからステップアップしたサイクリストも多いだろう。筆者もその中の一人である。純粋な速さではロードバイクに座を譲るものの、街中での走破性と機動性は勝るとも劣らない。グレーチングや段差越えもロードバイクと比較して気を使わないし、ちょっとそこまで買い物に、という場面では「クロスバイクの方が便利だなぁ」と切に思う。ただし、無駄に重かったり、精度が低い“走らない”クロスバイクもまたストレスになるものだ。

油圧ディスクブレーキを前後に装備 Photo: Masami SATOU

 ではどれのクロスバイクがいいのか? と問われると真っ先に思い浮かぶのが以前にも試したエスケープR3だった。700Cのタイヤは普段から乗り慣れているものであるし、ギヤもシティライドで求められる全てのシチュエーションをカバーできる幅広いもの。車体の取り回しも軽快かつ安定しており、なおかつ価格がお買い得。誤解を恐れずに言えば「これでいいじゃん」と常々思っていた。

フェンダーやキャリアの装着を想定したダボ穴が設けられている Photo: Masami SATOU

 そして登場したのがエスケープRディスク。ディスクブレーキというだけでも期待が高まったが、まさかの油圧であることに驚いた。税抜6万2000円という価格を最初に聞いていたので、機械式のディスクブレーキだと思い込んでいたからである。ブレーキレバーを握ると当然軽く、走り出してからの制動力、コントロールも申し分ない。フロントフォークが剛性に優れたアルミ製だからか、フルブレーキングでもヨレる感覚もない。止まる、曲がるの動きがシャキッと締まり、30Cのエアボリュームが生む快適性と相まってさらに総合力を上げた印象がある。

油圧ディスクブレーキを備え、優れたコストパフォーマンス誇るベストバイな1台 Photo: Masami SATOU

 メーカーやスタイル、個性を求めるのであれば他の車種でも良いものもある。だが、使いやすさと性能、価格を考慮するとエスケープRディスク一択と言っても過言ではない。「これでいいじゃん」から「これがいい!」という評価に変わった。あくまでロードバイクユーザー視点で走りを意識した感想を綴ったが、これから初めてスポーツバイクを買いたい入門者にもおすすめしたい。キャリアや泥除けフェンダーの取り付けができる拡張性も備えているので、旅仕様にするも良し、通勤・通学で使うも良し。ユーザーのスタイルよって多様に応えてくれるベストバイなクロスバイクだ。

■ジャイアント「エスケープ Rディスク
税抜価格:62,000円
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)mm
重量:12.0kg(465mm)
カラー:マットイエロー、シルバー、ブラックトーン

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

クロスバイク ジャイアント バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載