次戦もW杯、第6戦に出場ドリームシーカー山本幸平がMTBのW杯・XCO種目でUCIポイントを獲得

  • 一覧

 「dream SEEKER MTB Racing Team」(ドリームシーカーMTBレーシングチーム)の山本幸平と北林力が、8月2~4日にイタリアのバル・ディ・ゾーレで開催された、MTBワールドカップ・クロスカントリーの第5戦に出場した。山本は46位でUCIポイントを獲得。北林は80位でレースを終えた。

XCOレースを走る山本幸平 Photo: DSMTB2019

アジア人初のショートトラック出場

 山本は8月2日、上位40人のみ出場できるショートトラックレースにアジア人で初めて出場。激しい雨の中行われたレースを36位でゴールした。

山本幸平のコメント

トップ40しか出られないワールドカップ・ショートトラックレースに出場することができました。アジア人、日本人の中では初出場なので、一つの道が切り開けたのかなと思います。

 悪天候の中でテクニカルなコースになってしまい、厳しい結果となりましたが、8月4日のクロスカントリーに向け、モチベーションも上がりました。良い結果を出せることに期待したいです。

 8月4日に行われたXCO(クロスカントリー・オリンピック)種目には、山本と北林力が出場。山本がエントリーしたエリートクラスは122人が出走した。山本はトップから7分30秒遅れの46位でゴール。UCIポイントを22ポイント獲得した。

XCOU23に出場した北林力 Photo: DSMTB2019

 北林が走ったU23は113人で争われ、北林はトップからマイナス4ラップの80位でレースを終えた。

 ドリームシーカーMTBレーシングチームの次戦は8月11日、スイス・レンツァーハイデで開催されるMTBワールドカップ第6戦に出場する。

山本幸平のコメント

コンディションも良く、かなり集団の中で走れた。今年一番いい走りができたのではないかと思います。

 全日本、アジア選手権と連戦が続く中で、疲労はあるが、気持ちを高められた結果です。応援ありがとうございました。

北林力のコメント

結果は一歩足らず、80位でゴール。3、4周目に足を攣ってペースダウンしたが、最後はまた持ち直して、自分の中ではいい走りができた。しかしもう一歩足りなかった。

 次もレースがあるので、調整して最後まで走り切りたいと思います。応援ありがとうございました。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ドリームシーカー マウンテンバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載