大会・イベント情報2019「富士山ヒルクライム」が10月20日初開催 スカイライン五合目まで27kmたっぷり上り

  • 一覧
富士スカイラインを上る日本最強クラスのヒルクライムが初開催 (写真提供:ルーツ・スポーツ・ジャパン)

 静岡・御殿場から富士山スカイラインの富士山富士宮口五合目までを上る「富士山ヒルクライム」が10月20日(日)に初開催される。計測区間27.1km、標高差1653m、平均勾配6.8%というたっぷりコース。申込締切は10月1日、8月20日までは早割エントリーで参加費1000円引きとなる。

 コースは御殿場市内の「富士山樹空の森」をスタート。富士山スカイラインを舞台に、御殿場市を発着としたヒルクライムイベントは初となる。ルーツ・スポーツ・ジャパンが主催する自転車イベントシリーズ「ツール・ド・ニッポン」の一つとして実施され、また、静岡県を中心にサイクルツーリズムの振興を進めるスルガ銀行が特別協力する。

 ゴールの富士宮口五合目は標高約2400m。天気が良ければ海抜0mの駿河湾までの眺望が広がる。また五合目付近は森林限界のため樹林が開け、天空を思わせる雄大な景色を味わうことができる。

スタート地点となる富士山樹空の森 (写真提供:ルーツ・スポーツ・ジャパン)
木々に囲まれた中をヒルクライム。やがて天空へ (写真提供:ルーツ・スポーツ・ジャパン)

 ゴールまでの道のりは大きく3つのセクションから構成。計測区間スタートとなる国立中央青少年交流の家から、序盤の木々に囲まれた4〜8%の勾配を上り続ける区間、中盤のテクニカルな下りを含む区間、そして終盤のつづら折りを行く険しい区間となる。タイム計測を行わないパレード区間5.9km(平均勾配4.1%)を含めると、スタートからゴール地点までの走行距離は30km以上に及ぶ。完走するだけでも十二分な達成感を味わうことができるはずだ。

ゲストライダーの望月美和子さんは、2018年Mt.富士ヒルクライム・女子選抜クラスの優勝者 (写真提供:ルーツ・スポーツ・ジャパン)

 コースの一部は、東京2020オリンピックロードレースの舞台にもなっている。そこで大会では、完走タイムに応じて「金」「銀」「銅」のメダルを贈呈する(タイム設定は後日発表)。

 五合目まで走る通常コースのほか、途中の水ヶ塚駐車場までを走る計測区間12.0kmのショートコースも用意。ショートと言えども標高差は742m、平均勾配は6.7%と走りごたえはたっぷりだ。

富士山ヒルクライム(ツール・ド・ニッポン2019)

■開催日:2019年10月20日(日)
■申込期間:2019年7月19日(金)~10月1日(火)
■会場:富士山樹空の森(静岡県御殿場市)
■コース:
通常コース 計測コース距離:27.1km、標高差1,653m、平均勾配6.8%
ショートコース 計測コース距離:12.0km、標高差742m、平均勾配6.7%
■定員:通常コース 1,400人、ショートコース 100人
■主催:ルーツ・スポーツ・ジャパン
■共催:御殿場市
■特別協力:スルガ銀行
■後援:富士宮市、富士市、裾野市

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヒルクライム 大会・イベント情報 静岡県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載