FRがよりリーズナブルにフェルトからは新型グラベルロードが日本初上陸 GTからは新ロードバイク登場

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 「FELT」(フェルト)や「GT」などを取り扱うライトウェイプロダクツジャパンが7月24日、2020年ラインナップを揃えた展示発表会を開催した。会場内で注目した新作モデルをリポートする。

優れたコストパフォーマンスを誇るフェルト「FR Advanced」シリーズ Photo: Shusaku MATSUO

完成車がお買い得に

 フェルトのロードラインナップに新作の追加はないが、既存モデルがよりシンプルに整理され、また、価格がリーズナブルになった。オールマイティな性能で人気を博しているFRシリーズは、フレーム重量わずか635g(リムブレーキモデル)を誇る「FR FRD」と、テキストリームカーボンを上位モデル同様に採用した「FR Advanced」の2種類に。それぞれリムブレーキモデルとディスクブレーキモデルに分けられている。

販売店や店舗関係者で賑わう展示会会場 Photo: Shusaku MATSUO

 FR Advancedのフレームセットは前年モデルと同様のスペックながら、税抜22万8000円と6万円の値下げとなった。また、完成車はシマノのアルテグラDi2、機械式アルテグラ、機械式105がラインナップされ、フレームは全て共通となる。105仕様は税抜28万8000円とコストパフォーマンスに優れた価格設定となった。

■フェルト「FR FRD」
税抜価格:598,000円(フレームセット)、1,980,000円(デュラエースDi2仕様)
カラー:マットテクストリーム
サイズ:47、51、54、56cm ※完成車は43、58cmも用意

■フェルト「FR」
税抜価格:228,000円(フレームセット)、288,000円(105仕様)、468,000円(アルテグラ仕様)、598,000円(アルテグラDi2仕様)
カラー:アクアフレッシュ/マットテクストリーム、プラズマレッド/テクストリーム
サイズ:47、51、54、56cm ※47cmは105仕様とフレームセット販売のみ

俊敏なグラベルロード

 昨今、流行の兆しをみせるグラベルロードの新作も日本上陸を果たした。「ブリード」はスピーディーに未舗装路をライドするために開発されたグラベルロード。フレームはアルミ、フォークはカーボンブレードにコラムはアルミが用いられ、堅牢な仕様となっている。チェーンステーが短めに設計されているのが特徴で、高い反応性で俊敏な走りを可能にする。

レースにも対応するグラベルロード「ブリード」 Photo: Shusaku MATSUO
グラベルロード用コンポーネントの「GRX」を装備する Photo: Shusaku MATSUO

 シマノのグラベルロードバイク用コンポーネント「GRX」のフロントシングル仕様で構成。トップチューブやダウンチューブにはボトルケージ用の穴が、フォークやステーにはダボ穴が設けられており、フェンダーやキャリアなどを装着する拡張性の高さもみせる。グラベルロードのレースには最適な1台だ。


■フェルト「ブリード30」
税抜価格:218,000円
カラー:サテンドーヴグレイ
サイズ:47、51、54、56cm

GTから久々のロードバイク

 オフロードバイクが得意なGTからは、久しぶりにロードバイクが登場した。GT Road(ジーティー・ロード)」は強度と乗り心地の良さを両立したGT伝統の「トリプルトライアングル」構造を用いたアルミフレームに、前後フラットマウントの機械式ディスクブレーキを装備と12mmのスルーアクスルを用いている。

GTのアルミロードバイク「GT Road(ジーティー・ロード) コンプ」 Photo: Shusaku MATSUO
スルーアクスルの機械式ディスクブレーキを装備 Photo: Shusaku MATSUO

 GT Road(ジーティー・ロード) スポーツはシマノ「クラリス」で組まれフロント2段、リア8段の計16段変速仕様で税抜価格9万9800円、「GT Road(ジーティー・ロード) コンプ」はシマノ「ソラ」仕様となりフロント2段、リア9段で計18段変速だ。

■GT「GT Road(ジーティー・ロード) コンプ」
税抜価格:118,000円
カラー:ブラック
サイズ:X(50)、S(52)、SM(54)

■GT「GT Road(ジーティー・ロード) スポーツ」
税抜価格:99,800円
カラー:ガンメタル
サイズ:X(50)、S(52)、SM(54)

フォークのジオメトリーを変更可能

 グラベル用カーボンロードにも新作が加わった。「グレードカーボン エキスパート」は極細のシートステーとシートチューブを備え、フローティング構造のトリプルトライアングルで構成されているのが特徴。積極的にフレームをしならせることで乗り心地の良さを実現する。また、「フリップチップ」フロントフォークはホイールベースを変更することが可能。180mmまでのディスクローター径にも対応する。重量物を積んでも安定した挙動でライディングができる。

GT「グレードカーボン エキスパート」 Photo: Shusaku MATSUO
フローティングしたトリプルトライアングル構造を採用 Photo: Shusaku MATSUO

 グレードにはアルミモデルの「グレードアロイ エキスパート」と「グレードアロイ エリート」がラインナップ。それぞれ上位モデルのコンセプトを受け継ぎつつ、完成車で10万円台のでリーズナブルな価格設定となった。グラベルロードを始めたいサイクリストへおススメできる仕様だ。

■GT「グレードカーボン エキスパート」
税抜価格:298,000円
カラー:サテンジェイド
サイズ:48、51

■GT「グレードアロイ エキスパート」
税抜価格:148,000円
カラー:パープル
サイズ:44、48、51、55

■GT「グレードアロイ エリート」
税抜価格:108,000円
カラー:ブラック
サイズ:44、48、51、55

本格MTBも高コストパフォーマンス

10万円を切る価格のモデルが中心のGT「アバランチェ」 Photo: Shusaku MATSUO
フロントシングル仕様に Photo: Shusaku MATSUO

 ハードテールマウンテンバイクの「アバランチェ」も進化を果たした。スラム「SXイーグル」を搭載したリア12速モデルで税抜13万8000円と手の届きやすい価格に設定。シマノ「SLX」以下のコンポーネントを搭載した3モデルでも油圧ブレーキにフロントシングルという仕様で税抜価格10万円を切る高コストパフォーマンスモデルだ。

■GT「アバランチェ エリート」
税抜価格:94,800円
カラー:ストレートブルー、モスグリーン
サイズ(27.5):S、L、M

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

GT フェルト 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載