ツール・ド・フランス2019 第18ステージアルプス本格山岳初日、キンタナが意地の独走逃げ切り ベルナルが最後先行で総合2位に浮上

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 ツール・ド・フランス2019は第18ステージが現地時間7月25日に行われ、アルプス山脈で名峰のイゾアール峠、ガリビエ峠を含む4つの山越えステージを、ここまで総合12位に沈んでいたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)が独走で勝利した。大注目のマイヨジョーヌ争いでは、エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス)が首位のジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)らにタイム差をつけて先着。ベルナルが個人総合2位に浮上した。

ツール・ド・フランス2019第18ステージ。名峰ガリビエ峠から独走に持ち込んで逃げ切り勝利を飾ったナイロ・キンタナ Photo: Yuzuru SUNADA

標高2000m超の山々を超える208km

 今年のツール・ド・フランスの雌雄を決するアルプス山脈へ、プロトンがついに入っていく。

 このステージは全体を通してイタリアとの国境地帯をゆく。アンブランを出発した一行は、序盤に3級山岳を越えたのち、山岳へと本格的に入っていく。その第1関門となるのが、1級山岳コル・ド・ヴァル(登坂距離9.3km、平均勾配7.5%)。中腹で10%を超える区間が待ち受けており、レース前半からハードな上りをこなしていくことになる。

スタートラインについた選手たち Photo: A.S.O./Pauline BALLET

 一度下って、続くはツールではおなじみの超級山岳イゾアール峠(登坂距離14.1km、平均勾配7.3%)へ。頂上が近づくにつれて勾配が厳しくなる、この大会では定番の難所。とはいえ、ここで苦しんでいるようだと、この先が厳しいものとなる。約20km下って、このステージのメインともいえるのが超級山岳ガリビエ峠(登坂距離23km、平均勾配5.1%)の登坂だ。しばらくは緩やかな勾配が続くとはいえ、それまでに標高2000m超の山を2つ越えてきた選手たちにとっては、長く険しい上りに感じることだろう。頂上を前に9%ほどの勾配となることから、ここで一気に勝負をかける選手が現れても不思議ではない。

 なお、ガリビエ峠の頂上にはボーナスポイント(1位通過から順に8秒、5秒、2秒のボーナス)が設定されており、これをめがけて動き出す総合上位陣が出てくるかもしれない。最後は19km下ってヴァロワールのフィニッシュへ。ガリビエ峠頂上からのテクニカルな下りでライバルに差をつけるダウンヒラーが勢いづくことも考えられる。

 このステージで今大会通算13日目のマイヨジョーヌとなるアラフィリップ。ジャージの防衛に向けて、重要な1日を迎える。追う選手たちにとっても、ジャージ奪取への足掛かりとなるステージにしたいところだ。

先頭グループ、メイン集団ともにイゾアール峠で人数を絞り込む

 前日行われた第17ステージのレース後半、メイン集団をコントロールしていたトニー・マルティン(ドイツ、ユンボ・ヴィスマ)とルーク・ロウ(イギリス、チーム イネオス)が走路をめぐって危険な行為があったとして、UCI競技規則2.12.007/8.2.1(暴力や威嚇などの不適切行動)違反と裁定。両者は失格となり、大会を去ることとなった。2人はレース後そろって声明を出し、行為に対する謝罪を行ったが、両チームとも失格は不当であるとしてCAS(スポーツ仲裁裁判所)へ提訴することを表明している。

 この2人に加えて、ルーカス・ペストルベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)、セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、チーム サンウェブ)も未出走。このステージへは156人が挑んだ。

グレッグ・ファンアーフェルマート(左)を先頭に進む先頭グループ Photo: A.S.O./Pauline BALLET

 アクチュアルスタート以降、出入りの激しい時間が続いたプロトン。アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)とピエールリュック・ペリション(フランス、コフィディス ソルシオンクレディ)が一時的に抜け出し、13km地点に設けられた3級山岳コート・ド・ドモワゼル・コイフェをそれぞれ1位と2位で通過したが、この2人もしばらくして集団がキャッチ。

 この直後に4人が先行を始めたことをきっかけに、集団から次々と選手たちが飛び出していく。45km地点に設定された中間スプリントポイントを前に34人が先頭グループとして固まり、先を急ぐことになった。このメンバーが上位を押さえた中間スプリントでは、ジャスパー・デブイスト(ベルギー、ロット・スーダル)が1位通過をしている。

 先行したメンバーが総合成績に影響を及ぼさない選手たちで構成されたこともあり、メイン集団は大人数の逃げを容認。徐々にタイム差が拡大していく。この間、2日前のステージ勝者カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)とワウト・プールス(オランダ、チーム イネオス)が落車したが、大事には至らずレースに復帰している。

 リードを広げていく先頭グループは、この日2つ目のカテゴリー山岳である1級コル・ド・ヴァルへ。頂上に向けての動きは、山岳賞のマイヨアポワを着用するティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)が先頭へ。山岳ポイントを1位通過し10点を獲得した。

先頭でイゾアール峠へと入ったグレッグ・ファンアーフェルマート(左)とジュリアン・ベルナール Photo: A.S.O./Pauline BALLET

 一度下り、次に待つ超級イゾアール峠までの区間で先頭グループからグレッグ・ファンアーフェルマート(ベルギー、CCCチーム)が抜け出しを図り、ジュリアン・ベルナール(フランス、トレック・セガフレード)が追随。2人が先頭に立ち、そのままイゾアール峠の上りへと入っていく。10km近く2人が先行したが、その後ろではアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)のペースアップを機にキンタナやロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)らが加わり、9人ほどの第2グループへと変化。先頭では頂上まで5kmを切ったところでベルナールが単独先頭に立つ。

 ベルナールがそのまま頂上到達かに思われたが、第2グループからダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・メリダ)とバルデが猛然と追いかけ、頂上手前でベルナールをパス。超級イゾアール峠の頂上はカルーゾ、バルデの順で通過し、それぞれ山岳ポイント40点、30点を獲得した。

 かたや、メイン集団では、コル・ド・ヴァルからの下りでニコラス・ロッシュ(アイルランド、チーム サンウェブ)が落車し、ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ユンボ・ヴィスマ)も巻き込まれてしまう。少し時間を置いて両者とも再スタートを切り、ベネットは集団へと復帰。イゾアール峠に入ると、モビスター チームがコントロールを開始し、人数の絞り込みを図る。頂上へ到達する頃には、アラフィリップら20人ほどしか集団に残っていない状況となった。この時点で先頭とは5分10秒差として、レース終盤へと向かっていった。

湖を見ながら進んでいくプロトン Photo: Yuzuru SUNADA

ベルナルがガリビエ峠で総合争いのライバルを引き離す

 イゾアール峠からの下りを通じて9人になった先頭グループ。この日最後の上りであるガリビエ峠へ向かう間に後方から7人が合流し、総勢16人の先頭グループへと変わる。この時点でメイン集団とのタイム差は約5分30秒。逃げ切りが決まるかは、ガリビエ峠での走り次第となってきた。

ガリビエ峠で独走態勢に入ったナイロ・キンタナ Photo: Yuzuru SUNADA

 迎えたガリビエ峠。上りに入った直後にファンアーフェルマートと、チームメートのセルジュ・パウェルス(ベルギー)がスピードアップ。これをきっかけに上りでの絞り込みが本格化。頂上まで10kmを切ったところで先頭は、キンタナ、バルデ、ルツェンコ、カルーゾ、マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)の5人に。そしてフィニッシュまで残り26km、頂上までは7.5kmを残したところで、ルツェンコのアタックに反応したキンタナがカウンターで一気にペースを上げる。これには誰も反応ができず、キンタナが1人で逃げる構えを整えていく。しばらくして、バルデがアタックし、これを追ったルツェンコとともに追撃ムードを高めていくが、自身のペースに入ったキンタナとのタイム差は広がっていく一方。

メイン集団から飛び出したエガン・ベルナル Photo: Yuzuru SUNADA

 ステージ優勝争いとは「別のレース」となったメイン集団は、ガリビエ峠に入るとともにチーム イネオスがペーシングを開始した。しばらくは一定ペースで進行していたが、頂上まで距離を残した段階で個人総合5位につけるベルナルがアタック。総合上位陣では最も早いこの仕掛けには誰も反応せず、集団はアラフィリップのチームメートであるエンリク・マス(スペイン)がペースをコントロールする。ハイペースで先を急ぐベルナルと集団とのタイム差は少しずつ開いていく。

ガリビエ峠の頂上に向けて進んでいくメイン集団 Photo: Yuzuru SUNADA

 他の総合上位陣が動き出したのは、頂上まで残り1kmとなったタイミング。ベルナルのチームメートでもある個人総合2位のゲラント・トーマス(イギリス)がアタック。一気のスピードアップに一度はライバルを引き離したかに見えたが、同3位のステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)、同4位のティボー・ピノ(フランス、グルパマ・エフデジ)、同6位のエマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)らはテンポで上り続け、着実にトーマスとの差を取り戻していく。

 そんな中、苦しそうにポジションを下げ始めたのはアラフィリップ。ライバルたちとの間が少しずつ開き加減となっていく。そして、頂上目前でピノらがトーマスめがけてスピードをもう一段階アップすると、完全に取り残されてしまう。何とか遅れを最小限にとどめてほしいとの願いからか、沿道のファンが強く背中を押したはずみでバランスを崩しかけるなど、この日最後の上りで苦しい局面を迎えた。

 ガリビエの頂上へは、トップのキンタナから1分44秒遅れてバルデが単独で、数人挟んでベルナルが通過し、約15秒差でトーマスやピノら総合上位陣が続く。さらに約15秒差でアラフィリップが到達した。

 ガリビエの頂上からフィニッシュまでは19kmの下り。上りでは苦しんだアラフィリップだったが、得意とするダウンヒルで猛追。あっという間に総合上位陣がそろうメイン集団に追いついてみせた。その勢いのまま集団先頭に出て、上位陣ではただ1人先行するベルナルを目指す。

 ベルナルも下りを攻めて、メイン集団に対して約30秒のリードを確保。逃げでレースを進めていた選手たちをパスしながらフィニッシュまでを急ぐ。

 総合上位陣の攻防をよそに、単独先頭を走り続けたキンタナは順調にフィニッシュ地点のヴァロワールへとやってきた。後続とは十分なタイム差を得ての独走勝利。最後は両腕を大きく広げてフィニッシュラインを通過した。

ステージ優勝を決めたナイロ・キンタナ Photo: Yuzuru SUNADA

 それから1分35秒後、こちらも単独での追走となっていたバルデが2位でフィニッシュへ。3位はレース序盤から積極的な走りが光ったルツェンコ、4位以降も逃げていた選手たちで占めた。

アラフィリップ「できることは全力を尽くすことだけ」

 キンタナのフィニッシュから4分以上経って、総合上位陣がヴァロワールのフィニッシュ地点へとやってきた。

 ライバルからリードを奪ってガリビエ峠からの下りに入ったベルナルは、アドバンテージを持ったままフィニッシュすることに成功。最終局面では、レース前半から逃げていた選手たちが目前を走っていたことも幸いし、スプリントをしながらフィニッシュラインを通過した。

フィニッシュ直後のジュリアン・アラフィリップ Photo: Yuzuru SUNADA

 そしてベルナルから遅れること32秒、メイン集団もヴァロワールへ。タイム差を少しでも食い止めるべく、アラフィリップに加えてクライスヴァイクやピノらも最後までしっかりとしたペダリングでフィニッシュラインを通過した。

 これらの結果から、アラフィリップのマイヨジョーヌは変わらないものの、個人総合2位以下に大きな変動が発生した。ベルナルが総合タイム差1分30秒で2位へと浮上。さらに5秒差でトーマスが3位で続く。4位クライスヴァイク、5位ピノ、6位ブッフマンとなっている。また、ステージ優勝のキンタナが大きくジャンプアップ。ランキングを5つ上げて、7位まで上がっている。

 レース後の記者会見では、キンタナがまず席に着き、「コロンビアのみなさんおめでとう」と一言。当初は個人総合7位でスタートしたミケル・ランダ(スペイン)を前待ちする目的があったといい、メイン集団とのタイム差が広がっていくにつれてターゲットがステージ優勝へと変わったと状況を説明。今大会もマイヨジョーヌ候補の1人と目されながらも、大会第2週のピレネー山脈を前に落車でダメージを負うなど、ここまで苦戦が続いていた。すでに気持ちを切り替えているようで、「いまはアルプスを走っている。私にとって得意とするタイプの上りが待っている」と前向きだ。

個人総合2位に浮上したエガン・ベルナル Photo: Yuzuru SUNADA

 攻撃的な走りでアラフィリップとの総合タイム差を縮めたベルナルも、「コロンビア人ライダーに大きな影響を与えた選手」と称えてキンタナの勝利を祝福。自身の走りについて問われると、「最後の上り(ガリビエ峠)でトーマスがアタックするよう指示してくれた」と述べ、マイヨジョーヌを視野に入れる選手がチーム内に複数いるメリットを生かした走りができたとする。それでも集中は保ち、「今日の走りに満足しているが、引き続き地に足をつけて戦っていかなければいけない」と、今後のステージへ気を引き締めた。

 そして、マイヨジョーヌを守ったアラフィリップ。ベルナルやトーマスらの攻撃にあいながらも「最善を尽くした」と、自らの走りを評した。得意のダウンヒルで遅れをカバーしたことについては、「下りではリスクを負ったが、先に見えるコーナーに集中し、(コース上を走る)モーターバイクを視界に捉えながら進んだ」とコメント。残るステージへも、「山岳でできる限りのことをする。最後まであきらめないし、この国(フランス)の盛り上がりも感じている。大きな期待を受けているが、できることは全力を尽くすことだけだ」と意欲を示した。

 このステージでは、各賞にも変動。マイヨジョーヌのアラフィリップ、ポイント賞のマイヨヴェールはペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)、新人賞のマイヨブランはベルナルで変わっていないが、山岳賞のマイヨアポワがバルデへと移動。この日だけで68点を取り、スタート前に持っていた18点と合わせてトップに立っている。また、チーム総合はモビスター チームが首位に返り咲いている。

マイヨジョーヌをキープしたジュリアン・アラフィリップ。残るステージへも意欲を見せる Photo: A.S.O./Pauline BALLET

 翌26日は、第19ステージとしてサン=ジャン=ド=モリエンヌからティニュまでの126km。スタートから上り基調が続き、レース前半は2級山岳1つ、3級山岳2つを超える。後半に入ると超級イズラン峠(登坂距離12.9km、平均勾配7.5%)が待ち受け、緩急の変化に富んだ上りが選手たちを苦しめる。一度下って、最後は1級山岳モンテ・ド・ティニュ(登坂距離7.4km、平均勾配7%)へ。山岳ポイントから2km先にフィニッシュ地点が設定されているあたりも、戦術に幅が出てきそう。

 なお、イズラン峠の頂上にはボーナスポイントが設けられるほか、今大会最高標高地点(2770m)であることから、1位通過した選手には「アンリ・デグランジュ賞」が贈られる。

第18ステージ結果
1 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) 5時間34分15秒
2 ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) +1分35秒
3 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム) +2分28秒
4 レナード・ケムナ(ドイツ、チーム サンウェブ) +2分58秒
5 ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・メリダ) +3分0秒
6 ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル) +4分46秒
7 マイケル・ウッズ(カナダ、EFエデュケーションファースト)
8 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス)
9 セルジュ・パウェルス(ベルギー、CCCチーム)
10 ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ) +5分18秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ) 75時間18分49秒
2 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス) +1分30秒
3 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム イネオス) +1分35秒
4 ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ユンボ・ヴィスマ) +1分47秒
5 ティボー・ピノ(フランス、グルパマ・エフデジ) +1分50秒
6 エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +2分14秒
7 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) +3分54秒
8 ミケル・ランダ(スペイン、モビスター チーム) +4分54秒
9 リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーションファースト) +5分33秒
10 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) +5分58秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) 309 pts
2 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ) 224 pts
3 ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ) 203 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) 86 pts
2 ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル) 74 pts
3 ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・メリダ) 60 pts

新人賞(マイヨブラン)
1 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス) 75時間20分19秒
2 ダヴィ・ゴデュ(フランス、グルパマ・エフデジ) +17分7秒
3 エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ) +48分11秒

チーム総合
1 モビスター チーム 226時間2分13秒
2 トレック・セガフレード +20分38秒
3 EFエデュケーションファースト +59分11秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ツール・ド・フランス2019 ツール2019・レース詳報 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載