ツール・ド・フランス2012土井選手が新城選手にエール 六本木ヒルズでツール・ド・フランス“前夜祭”

  • 一覧

 「ツール・ド・フランス2012」開幕を翌日に控えた29日、東京・六本木ヒルズ52階の展望台「東京シティビュー」で、全日本ロードチャンピオンの土井雪広選手(アルゴス・シマノ)らを招いたトークイベントが行われた。「東京シティビュー」ではツール・ド・フランスの期間中、レースのライブ中継イベントが5回にわたって開催される。

トークを展開する土井雪広選手(左)と栗村修監督トークを展開する土井雪広選手(左)と栗村修監督

 この日のトークイベントでは、日本へ一時帰国している土井選手(アルゴス・シマノ)が登壇すると、ファンから割れんばかりの大歓声が沸き起こった。土井選手は、チーム内でツール・ド・フランス出場の選考に漏れたことについて「人生をかけてがんばってきたので、がっかりした」と話しつつも、8月の「ブエルタ・ア・エスパーニャ」出場に向けて意気込みを見せ、喝采を浴びた。

トークを展開する(左から)白戸太朗さん、土井雪広選手、栗村修監督トークを展開する(左から)白戸太朗さん、土井雪広選手、栗村修監督

 今回のツールには日本人で唯一、新城幸也選手(チーム ヨーロッパカー)が出場する。新城選手はツール閉幕直後に開催されるロンドン・オリンピックにも出場予定。土井選手は新城選手について「クライマーじゃないかと思うほど、山道でも好調な様子。ステージ優勝も充分狙える」と解説し、「新城を応援してください」と明るく会場へ呼びかけた。

 途中、スクリーンに映像が映らないトラブルもあったが、ゲストの栗村修・宇都宮ブリッツェン監督が「レースには予想もつかない出来事がつきもの。数々のアクシデントを乗り越えていくのもツール・ド・フランスのみどころのひとつ」と乗り切った。

 栗村監督は注目選手として、総合優勝候補にはブラッドリー・ウィギンス(スカイ プロサイクリング)、ポイント賞にぺテル・サガン(リクイガス・キャノンデール)を挙げた。また、土井選手のチームメイトであるマルセル・キッテルは坂が苦手だというエピソードなどを披露し、会場を沸かせた。

 今回のツールで勝負所とされる長距離のタイムトライアル(TT)については、実際に50kmを超えるTT経験した土井選手が、「あれだけの距離を走っている間、集中力を保つのが難しい。ほかの選手がどうやっているのか知りたい」と問いかける一幕も。また、無線と見せかけて実はiPodを聞いている選手もいるとのエピソードには、会場から驚きの声が上がった。

 最後に土井選手は「来年が30歳で節目の年。夢を追いかけるだけでなく、目標をひとつひとつ実現していきたい。その中で、日本の人たちへ自転車の感動を伝えていくのが務め」と締めくくった。

(左から)白戸太朗さん、土井雪広選手、栗村修監督(左から)白戸太朗さん、土井雪広選手、栗村修監督

 ライブ中継観戦イベントは、初回は7月6日21:00から第6ステージ(207.5km)を放映する。混雑時には入場が制限される場合もある。

 イベントに向けて用意された3種類オリジナルカクテルのうち、土井選手のおすすめは、さわやかな風味の「悪魔おじさん」。

■問い合わせ先
03-6406-6652(東京シティビュー)

東京シティビューでのイベント開催スケジュール・情報

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ツール・ド・フランス2012

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載