体調回復し走りに手応え與那嶺恵理はツール・ド・フランス女子レースで23位 「もう一歩上に登りたい」

  • 一覧

 アレ・チポッリーニの與那嶺恵理が7月19日、フランスのポーで開催されたUCI女子ワールドツアーのワンデーレース、ラ・コルス・バイ・ル・ツール・ド・フランスに出場し、トップと14秒差の23位でゴールした。結果に関しては「良くもないけど悪くもない」という與那嶺だが、久々にレースの展開に加わる走りができ、ゴール後はチームのエース、ソラヤ・パラディン(イタリア)とともに笑顔を見せた。

レースで久々に手応えのある走りをした與那嶺恵理(左)。ゴール後、8位に入ったチームのエース、ソラヤ・パラディン(右)と笑顔 Photo: Kei TSUJI

 與那嶺は5日前まで出場していたジロ・ローザ(女子版ジロ・デ・イタリア)でコンディション不良に悩まされていたが、今大会では体調が回復して良い状態で走れたという。レースはツール・ド・フランスの男子レース、個人タイムトライアルが行われるコースを周回にして5周、121kmで行われた。フィニッシュライン前にはもちろん男子と同様に、勾配17%の急坂が待ち受ける。

 レース中盤から脚が回り始めたという與那嶺は、エースのパラディンのアシストをしながら、人数を減らし続けるメイン集団に残り、レース終盤近くでは自らアタックする動きも見せた。最終的にレースは30人ほどのメイン集団での争いとなり、フィニッシュ前の急勾配で各チームエース級同士の力勝負となった。與那嶺のチームのエース、パラディンは8位に入った。

 国内選手権、ジロ・ローザ、ラ・コルスと大きなレースが休む間なく続いた與那嶺だが、次戦は若干空いて8月3日、スペインで開催のクラシカ・サンセバスティアンの女子レースになるという。
 
與那嶺のコメントは以下の通り。

 動く身体でレースができました。ソラヤと共に、もう一歩上に登りたいです。

 全日本、ジロ、そしてこのラ・コルスで中盤戦も終わります。時差ボケがひどく、体の浮腫もひどかったので、ジロ後は体の回復とリラックスに努めました。

 そして、私たちは前日入り。他のチームは予算を使って、もう一日前に入りコースの視察と試走。できないことばかりでストレスも多いですが、そこはもう気にしても仕方が無いです。

 作戦。私はソラヤのフォローと近くにいること。チームは逃げに必ず乗ること。自分の脚が動くことを信じてレーススタートとなりました。コースは5周回。毎回15%を超える壁を登り、上りも下りもはっきりあるクラシックのようなコース。走れる、脚が動くなら得意のコースです。

 スタートからやっぱり速い。チームも逃げに乗りますが、試走していない。コースわからない。クロエが乗れたのですが、上りでドロップしてしまい、ナディアも反応しきれず。10名ほどが先行する形でレースは流れます。

 毎周回ごと、壁を登って、堺の辻さんの横を抜け、アフロ日本の応援団の横を抜け、振り返るごとに小さくなるプロトン。

 中盤から脚が動きだしてチェックとフォローに入りながら、サバイバルをして行きます。レースを止めないためにも追走を作る動きをしたり、ソラヤから「エリ、ボトルお願い」ということでチームカーまで下がりたっぷり持ってお仕事しながら。脚が動くので今日は何でもできます。

 残り50km、上りで(ミッチェルトンの)アナミエックが攻撃をし、逃げを吸収。一気に集団が割れます。私も補給直後、ぎりぎり粘って下りを使ってメイン集団へ戻り、あとはソラヤの近くでサバイバルが始まりました。

 壁を登るごとに少なくなるプロトン。粘るうちにまた脚が動きだしてお仕事。ソラヤも元気に攻撃し5名で逃げに入ります。私はお仕事お休み。逃げが決まるように適当に邪魔もしながらがヒラヒラ。

 ボーエルが追走を開始し、また特急スピードへ。ソラヤ吸収後、フォローを開始しながら残り20km。

 最終回、(ミッチェルトンの)アマンダが強力に逃げ続け、なかなか差が縮まらず。CCCと合わせて私も前に出てレースを止めないように展開を続けます。そして残り10km、ちょっときつくなってきたけどまだまだ脚は動く。CCCの特急が追走を開始して、目に見える範囲に。

 ソラヤも行きたいときに行きなさいと。残り7km、ちょっとしたタイミングで攻撃してみました。そのまま前待ちで行きたかったのですが流石に許されず。残り5km、3km、2km、そして1km。久しぶりに手応えというか、仕事ができてレースができる感触。苦しいけど楽しい! ソラヤと勝ちたい!

 最後の17%の上り、動かない脚でセットアップ。ソラヤは前方で展開。私はアシストした他の選手たちとドロップ。そこでも貪欲に順位を狙って。そしてゴール。ソラヤは8位。私は23位。

 良くもないけど悪くもない。楽しく苦しくレースができた事に感謝。いい笑顔でゴール後の写真を辻さんに撮って頂けました。

 シーズンの中盤戦、終わりました。来週はバカンスです! 次のレースは、今月末のスペイン、クラシカ・サンセバスティアン。しばらく充電します。

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載