title banner

クリンチャー、チューブラー、チューブレスの違いとは 正しいタイヤの選び方

  • 一覧

 ホイールに取り付けられるタイヤは、比較的簡単に交換ができるパーツの一つであると同時に、走りへの影響が大きい部分でもあります。つまり、チューンナップの基本であると言えるでしょう。この項では、主にオンロード(ロードバイク)向けタイヤについての基本的な知識を紹介します。

正しいタイヤの選び方とは Photo: Shusaku MATSUO

タイヤの構造って何が違うの?

 ロードバイク向けタイヤの構造は、現在大きく3種類に大別されます。一番多いのはクリンチャー方式で、リム(ホイールの金属部分)に半円周形断面のタイヤを引っかけ、その中に入れたチューブに空気を充填して膨らますことで、その圧力でタイヤを保持します。一般車(ママチャリ)でもほとんどがこの方式です。利点としては各部の役割分担が明快で、タイヤの脱着と交換が容易な点。ほぼ誰でも基本的な工具のみで、パンク修理やタイヤ交換といったメンテナンスが可能です。また現在主流であるため、タイヤの選択肢も膨大です。欠点はリム打ちと呼ばれる、チューブに穴が開くパンクが起こりやすい点です。

トラックバイクといった競技用自転車に未だ採用されているチューブラータイヤ Photo: Shusaku MATSUO

 競技用バイクの一部で使われるのがチューブラー方式です。これはチューブを内蔵した円形断面のタイヤを、チューブラー専用リムに接着剤で貼り付けて使用します。利点としては同性能のタイヤならクリンチャーよりもホイールが軽くできて乗り心地が良く、空気圧を落としてもパンクしにくい点です。欠点はタイヤの脱着が非常に面倒であることと、パンク修理がほぼ不可能な点(パンクしたら廃棄)です。現在は余程こだわるライダーでなければ使いません。

 近年勢力を伸ばしているのはチューブレス方式です。読んでの通りチューブを省略して、タイヤ部分のみで空気圧を保持します。クリンチャーと基本構造は似通っており、クリンチャー向けのリムやタイヤにはチューブレス方式としても使える、チューブレスレディという両用タイプもあります。利点は軽くて乗り心地が良く、空気圧を落としてもパンクしにくいこと。欠点はチューブレスタイヤのセットに、クリンチャーよりも特別な技術や道具が必要な点です。現時点ではショップにお願いした方がいいでしょう。

チューブレスタイヤのリム内部 Photo: Shusaku MATSUO
チューブレスタイヤはシーラントを入れることで密着度を高め、パンクも防止する Photo: Shusaku MATSUO

タイヤのサイズの見方とトレンド

 タイヤを交換する際は、互換性のある規格を選ぶ必要があります。まずサイズ表記の基本を押さえておきましょう。ロードバイクのタイヤサイズは、ほとんどの場合「700x25C」といった表記になります。これは700(タイヤの直径mm)、25(タイヤの幅mm)、C(リムのサイズ規格)という情報になります。一般的なロードバイクの場合、例のような700Cと呼ばれる規格になり、これは27インチに相当します。

サイドにはタイヤの詳細スペックが書かれていることが多い Photo: Shusaku MATSUO

 ただ自転車タイヤは、源流の違いからさまざまな細かいサイズ規格があり、同じように27インチと言われるなかでも、互換性のない規格が並立しています。混乱を避けるために最近新たにETRTO規格という表記が作られ、ISOにも採用されていることから、現在は必ず併記されています。上記の700x25Cは「25-622」という表記に。この場合、25(タイヤの幅mm)、622(リムの直径mm)という意味で、より正確な互換性情報になっています。

 従来は細いほど良いとされてきたロードタイヤですが、現在ではある程度太い方が転がり抵抗や空気抵抗の面で有利であるという実験結果から、25mm幅のものが主流となっています。エンデュランス系やグラベル(荒れ地)用などはさらに太くなり、全体にロードバイクのタイヤは太めがトレンドと言えるでしょう。

タイヤの選び方は?

 タイヤを選ぶ基準ですが、「太さ」「重量」「グリップ」「転がり抵抗」「耐パンク性能」「耐摩耗性(寿命)」「価格」といった各要素を、使用用途に応じたバランスをとって選ぶことになります。多くの場合、各要素はトレードオフ(ある部分を向上させれば他のある部分が低下する)なので、何を重視するか、しないかを考えてみましょう。

クリンチャーはリムとタイヤの間にチューブを備えている Photo: Shusaku MATSUO

 レースで使うのであれば、重量やグリップ、転がり抵抗といったところが重要になるでしょう。経済性を重視するのであれば、重量やグリップには多少目をつぶり、価格だけでなく耐摩耗性も重要です。通勤ライド中心であれば、トラブルを避ける耐パンク性能や耐摩耗性を重視し、また太さもより太めが良いでしょう。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

タイヤ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載