工具はともだち<17>工具の収納に新風 愛車と過ごすための「オフタイムデスク」

  • 一覧
持ち運び可能な大容量収納、KTC「両開きメタルケース」持ち運び可能な大容量収納、KTC「両開きメタルケース」

 早いもので、先月開催したメンテナンスイベントから、2週間が経ちました。前回のコラムで紹介したキャビネットなども展示し、参加者のみなさんも講習の合間に興味深くご覧になっていましたよ。

 キャビネットのような設置型ではなく、そこそこの収納量がある工具箱には、ハンドル付きで機動性を兼ね備えた両開きタイプがラインナップされています。車に自転車を積んで移動する際に、いっしょに持ち運ぶことができます。

 材質には、スチール製のほかに樹脂製の軽量タイプもあります。メンテナンスの装備として車に搭載しておくのにもかさばりません。自動車メカニックが使う出張整備用の工具箱としても、“鉄板”となっている売れ筋商品ですからね。

「オフタイムデスク」「オフタイムデスク」

 そして、工具の収納にプラスアルファを求める方へおすすめしたいのが、KTCにしかない「オフタイムデスク」! 新たなメンテナンスシーンの演出に役立ちます。

 部屋やガレージの片隅に置くだけで、自分だけのメンテナンススペースのできあがり。愛車をメンテナンスするための工具を収納しながら、作業に専念することができます。乗るだけでない、愛車を眺めながらすごすみなさんの“オフタイム”のお供に、ぜひご活用ください。こちらの製品は、ウェブサイトからもお買い求めいただけます。

◇      ◇

特別に準備されたパンク修理の実践トレーニング(1月27日撮影)特別に準備されたパンク修理の実践トレーニング(1月27日撮影)

 少しだけ、「KTC×Cyclist 自転車メンテナンス講習(初級編)」の振り返り。講習では、参加者のみなさんが真剣に話を聞かれていたことが印象的でした。デリケートな素材を多様した自転車をお持ちでしたので、メンテナンスの必要性が非常に高いのだとも感じました。

 タイヤレバーを使ったチューブ交換の機会もセッティングしましたが、チューブを交換してもらった私の愛車のフロントタイヤは、その後も非常に調子がよろしいです。

 みなさんがこれからも、メンテナンスに必要な工具類を手足のごとく扱い、自信を持って作業をしてもらえるよう、あらゆる情報をお届けしていきたいと思っています。

工具初心者のための講習を開催 デジタルラチェットの数値当てゲームにも挑戦!

小池覚(こいけ・さとる)
KTC(京都機械工具)へ入社後、販売企画や商品開発に携わる。学生時代から二輪、四輪が趣味で、整備経験が豊富。自転車は実は始めたばかりだが、工具のプロとして、サイクリストにも整備の“いろは”を伝えることに燃えている。

この記事のタグ

KTC メンテナンス 工具はともだち

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載