次戦はツール・ド・フランス女子レース與那嶺恵理はジロ・ローザを総合74位で完走 「やっとたどり着きました」

  • 一覧
サン・ヴィート・アル・タリアメントの旧市街をスタートしていく與那嶺恵理 Photo: Siena

 アレ・チポッリーニの與那嶺恵理は7月14日、イタリアで行われたUCI女子ワールドツアー「ジロ・ローザ」(女子版ジロ・デ・イタリア)の最終第10ステージに出走し、トップから47秒差の区間81位でフィニッシュした。女子最高峰のステージレースを個人総合74位で、4年連続の完走を果たした。

 最終日のコースは、後半に3級山岳があるのみで、ほぼ平坦基調の120kmで行われた。とはいえゴール直前に石畳の急坂が用意されるなど、最後まで一筋縄ではいかないコース設定だ。

 今大会を通して不調に悩まされていた與那嶺だが、ようやく復調の兆し。レース後半に入って一時は逃げを作るなど積極的な走りを展開した。與那嶺のチームは、エースのソラヤ・パラディン(イタリア)が、イタリア勢では2番手の総合9位に入る活躍を見せた。

 與那嶺の次戦は7月19日、フランスで開催のラ・コルス・バイ・ル・ツール・ド・フランスの予定。ツール・ド・フランスの女子レースで、男子のツール・ド・フランスの個人タイムトライアルのコースを使い、女子ワールドツアーのワンデーロードレースが行われる。

 與那嶺のコメントは以下の通り。

 10日目、最終日。やっとたどり着きました。今日は動いていいよ、ということで、楽しく動いて来ました。

 動画はこちらです。

Giro Rosa Tappa 10

???? Ultima tappa del @girorosa su PMGSPORT????‍♀ 120 chilometri da San Vito al Tagliamento a Udine ???? Passerella finale per Annemiek van Vleuten???? Chi taglierà per prima il traguardo?In collaborazione con Giro Rosa Iccrea

PMG Sport 2さんの投稿 2019年7月14日日曜日

 
ルームメートは10日間、ずっとソラヤ。いろいろな話をしました。優しくて育ちが良いエース。家族から愛されて育ったんだなぁ。と思っています。私もプロ選手として出来ることを、しっかり考えてレースプログラムを組まないと。

 レースはソラヤのGC(個人総合成績)を守りながら。やっと脚の浮腫が取れ、シューズがすっぽり履けました。

 スタートしてから久しぶりに身体の軽さを感じます。ソラヤからも、今日は動いていいよ、逃げなさい、ということで、わざわざエースがセットアップをしてくれて、逃げを作りました。

 元気よく飛び出して、レースを組み立てていく。初日からこうしたかったのですが、もう仕方がない。来年は何を獲るか、何をスキップするか、しっかり決めて準備をします。

 しばらく数名で逃げて、タイム差も開きつつ、そのまま行けるかなー。でも追走が入り、吸収直前にロミーがカウンターで行き、それを見送ってあとはソラヤのためにお仕事。

 そして、ゴール直前1km、石畳の壁が出てきて!!! ソラヤを送り出してお仕事終わり。そしてゴール。10日間、泣き言を言いながら終えることが出来ました。

 ジロのレース自体も凄くレベルが上ってきてて、完全に下見をして、十分な休養と練習をしない限り、何かが出来るレースではないですね。

 ソラヤはGC9位。私がもっとお仕事ができれば、順位を上げることが出来たはず。

 皆で一杯飲むこともなく、すぐにチームは解散。私は午前2時半に(オランダの)自宅に到着しました。武井コーチ送迎すいません…。とにかく疲れた…。

 次のレースは今週金曜日のツール・ド・フランス。男子は個人タイムトライアル。女子はそのコースを5周します。

 脚がちゃんと動きますように。

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載