不調続きグルペットでのレースジロ・ローザ第8ステージ、與那嶺恵理は区間82位 「日常の何かを変える時期」

  • 一覧
10日間のジロ・ローザ8日目を終えた與那嶺恵理 Photo: Anton Vos/Cor Vos

 アレ・チポッリーニの與那嶺恵理は7月12日、イタリアで開催中のUCI女子ワールドツアー最高峰のステージレース「ジロ・ローザ」の第8ステージに出走し、トップから8分53秒差の集団内で区間82位でフィニッシュした。

 10日間の大会は終盤戦へ。133.3kmで行われたこの日は、レース中盤で標高863mの2級山岳、後半に標高600mの3級山岳を越えてゴールへと向かうコースで争われた。

 與那嶺は山岳でメインの集団からは後退。ゴールまではグルペット(完走を目指す集団)でこなし、翌日へと駒を進めた。この大会に入って以降、コンディションに優れないという與那嶺にとって、我慢のレースが続く。チームはエースのソラヤ・パラディン(イタリア)が区間3位に入る健闘を見せた。

 翌第9ステージは、総合争いにとって最終決戦となるクイーンステージ。125.5kmのラストに標高1546mの山頂フィニッシュがそびえ立つ。

 與那嶺のコメントは以下の通り。

 8日目。身体が動きません。もうお家に帰りたい。ルームメートのソラヤに泣き言を言ったところ、「ダメ、ルームメートはあなたが良いの」と。じゃ、もう少し頑張ります。

 動画はこちらです。

Giro Rosa ICCREA Tappa 9

????‍♀ Il Giro Rosa Iccrea continua su PMGSport???? Annemiek van Vleuten a un passo dalla vittoria???? 8a giornata: Vittorio Veneto – Maniago????133 chilometri per la tappa più lunga della corsaIn collaborazione con Giro Rosa Iccrea

PMG Sport 2さんの投稿 2019年7月12日金曜日

 
今日もソラヤ絶好調で3位! GC(個人総合)も6位までジャンプアップ。私はもう息も絶え絶え。なんとか這いつくばってゴールしました。

 ソラヤが攻めて、GCを狙う。本当は私が仕事をセットアップする必要があるのですが、いつも孤軍奮闘。本当に申し訳ないのと、情けない。

 コースはスタートから900mを上り、アップダウンをしながら400mを上ってゴール。元気の良い組はさっさと前で展開し、元気の尽きた組はせっせとグルペット。ステージのタイム差を見ると、何が起きているか良く分かります。あの選手も、この選手も、私と同じグルペット。

 休養が十分な状態で臨むべきレース。(今大会の)10日間の間に休息日は一日もないので、レース中は身体が回復することはなく、どんどん消耗していきます。走りながら、こんなはずじゃない、日本に帰らなきゃよかった、高地合宿に行っていれば、と後悔先立たず。

 私にとって気合十分なレースでもなく、やはり準備の差が大きく出ました。が、全てにおいて高いパフォーマンスが出せるわけでもないので。日常の何かを変える時期に来ているな。と思います。

 まぁまぁ高速のグルペット内で色々と考えます。そしてゴール。

 ソラヤのヘルプをしたかったなぁ…。彼女はベストイタリアライダーまであと20秒。明日はチームで総攻撃をして、としたいのですが、そんなチーム力があるわけでもなく。

 明日は標高1600mまで一気に上るステージ。最後は20%を超える壁が多い。なので何も出来ないです。前半のフォローとしっかりソラヤを上り口まで運べるように、お仕事頑張ります。

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載