最新モデルを店頭で体感シマノが7月からe-BIKE試乗会とシューズの展示会を全国の自転車販売店で実施

  • 一覧

 自転車用パーツやアイテムを展開するシマノが7月から11月にかけて、シマノのスポーツ電動アシストグループセット「STEPS」(ステップス)を搭載したe-BIKEの試乗会と、各種サイクリングシューズの展示会を、全国の自転車販売店で開催する。各イベントの開催店舗は随時、イベントホームページで更新される。

全国の自転車販売店で7月から、ステップス試乗会とシューズの展示会を開催する ©SHIMANO

 試乗会で使われるe-BIKEにはシマノSTEPS「E8080」シリーズが搭載されている。「E8080」シリーズは、e-BIKEが盛んなヨーロッパでデビューしたe-BIKE用ユニットのシステム技術をベースに、日本市場向けに最適化したもの。コンパクトな見た目だが、漕ぎ出しや上り坂などでパワフルなアシスト力を発揮する。

試乗車として用意されるクロスバイクタイプのe-BIKE、ミヤタの「CRUISE」 ©MIYATA CYCLE
ハードテイルe-MTB、BESVの「TRS1」 ©BESV

 試乗会ではミヤタサイクルの「CRUISE」(クルーズ)や、Besv(ベスビー)の「TRS1」、LOUIS GARNEAU(ルイガノ)の「ASCENT e-sports」(アセント イースポーツ)など、クロスバイク、MTB、ミニベロタイプのe-BIKEを用意。ユーザーの好みに応じて試乗が行える。

一部モデルは試し履きできる

 シューズの展示会「SHIMANO CYCLING FOOTWEAR TRUNK SHOW 2019」(シマノサイクリングフットウェア トランクショウ2019)では、シマノ製シューズが勢揃い。ラインナップ全ての製品を見ることができる。

「S-PHYRE RC9」は全サイズ試し履きできる ©SHIMANO
セカンドグレードの 「RC7」も試し履きできる ©SHIMANO

 また展示会では、ロードバイク向けのビンディングシューズのハイエンドモデル「S-PHYRE RC9」(エスファイアRC9)と、セカンドグレード「RC7」の試し履きも可能。「エスファイアRC9」は36~48(22.5cm~30.5cm)まで、ワイドサイズやハーフサイズも合わせて全てのサイズを用意する。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE シマノ シューズ 試乗会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載