チームはステージ優勝狙いにジロ・ローザ第2ステージ、與那嶺恵理は不調に終わり74位 「今日はとても残念」

  • 一覧

 アレ・チポッリーニの與那嶺恵理は7月6日、女子ワールドツアーの「ジロ・ローザ」(女子版ジロ・デ・イタリア)の第2ステージに出場し、先頭から1分47秒差の集団で区間74位でゴールした。

日本チャンピオンジャージで第2ステージに出場した與那嶺恵理 Photo: TORNANTI.CC

 全10日間で行われるジロ・ローザ、76.3kmで行われた第2ステージは、序盤から2級山岳を1つ越え、後半はゴールに向けてゆるやかに上り基調となるコースプロフィール。チームは地元イタリア出身のエース、ソラヤ・パラディンのステージ優勝を目指して攻撃を仕掛けた。

 しかし、レースの前週末に日本に一旦帰国して全日本選手権ロードに出場していた與那嶺は、欧州との往復での疲労から、この日は体調が優れなかったという。エースのパラディンは区間5位に入る活躍を見せたが、與那嶺自身は「大して仕事もできずとても残念」と我慢の一日になった。

 第3ステージは104.1kmで行われる。山岳ポイントは設けられないものの、後半はゴールに向け延々と上り基調。ゴール地点の標高は1049mに及ぶ。

 與那嶺のコメントは以下の通り。

 2日目。上りゴールのステージ。チーム全員で攻撃をしました。ドイツのロミーが逃げ、セルビアのエレナがゴール手前5kmで抜け出し、そしてエースのソラヤが5位。

 私は長距離フライト直後のレース、いつも起きる身体の脱力感で一杯でした。初日を終え寝付きが悪い状態。大して仕事もできずとても残念です。

 動画はこちらです。30分過ぎからどうぞ。

Ciclismo, Giro Rosa 2° Tappa

????‍♀ Il Giro Rosa continua su PMGSPORT⏱ Dopo la cronometro d’apertura ???? Tocca alla prima tappa in linea di Viù???? Tutte a caccia di Katarzyna Kasia NiewiadomaIn collaborazione con il Giro Rosa Iccrea

PMG Sport 2さんの投稿 2019年7月6日土曜日

 
スタートから標高1400mまで上り、そしてゆるい上りのステージ。昨日のチームタイムトライアルを終え、作戦は当然ステージを狙って動いていくことと、ソラヤをしっかり守ってゴールまで送り出すこと。

 とても暑い中、ウォーミングアップもしっかり行いスタート。最初の上りからレースは動き、私はアップアップの状態。

 そんな中、ロミーが集団が緩んだタイミングでアタック。見事に決まりました。ロットと2人の逃げ。集団は一度緩んだあとテンポペースでの追走が始まります。

 ソラヤのサポートをしながら近くのポジションをキープしたいのですが身体が重く、上がり切ることができず苦しい状態。とても暑さを感じました。

 ロミーたちの逃げはラスト10kmで吸収。上りゴールのため、そこから激しい位置取り。ソラヤとエレナが前でポジションをキープ。見えるのですが私は上がりきれず。

 5kmでエレナが攻撃し4名で少し先行。更に追走のペースが上がり、私はここで限界。身体に力が入らず、本来の自分の状態ではない。本当に残念。

 エレナは激しく攻撃を続け、ソラヤもポジションを上げながら5位でゴール。素晴らしい順位ですが、やはり、チームで支えてステージ優勝をしたいです。

 私は長距離フライトのあと、身体に力が入らなくなり、身体が浮腫む症状が続いているので、もう(重要なレースの直前に)日本に帰国することはやめたいです。今日は本当に残念です。全日本とジロ、両方はとれません。

 残り8ステージ。ステージ優勝目指して、お仕事は続きます。

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載