初日チームTTは15位と苦戦與那嶺恵理がジロ・ローザに4年連続出場 チームの勝利に向け「お仕事がんばります」

  • 一覧

 アレ・チポッリーニの與那嶺恵理が7月5日、イタリアで開幕した女子プロロードレース最高峰といわれる「ジロ・ローザ」(女子版ジロ・デ・イタリア)に、4年連続4回目の出場を果たし、第1ステージのチームタイムトライアルを24チーム中15位でゴールした。

チーム6人が横一列に並びスタート Photo: Alé Cipollini

 10日間で行われるジロ・ローザ。與那嶺のチームは地元イタリアのソラヤ・パラディンをエースに臨む。18kmで行われた初日、第1ステージのチームタイムトライアルは、上り下りやテクニカルなセクションを含むため、與那嶺らはタイムトライアル専用バイクではなく、ノーマルのロードバイクを選択して出場した。

壇上で紹介されるアレ・チポッリーニの選手たち。左端が與那嶺恵理 Photo: Alé Cipollini

 難コースにチームはやや苦戦気味となり、最終的には6人スタートしたうちの4人でゴール。タイムは優勝チームから2分36秒と、少なくない差を付けられてしまった。

 レースは7月14日までの10日間、連日での開催。第2ステージは序盤に2級山岳、終盤に向けて上り基調となる78.3kmで行われる。

 與那嶺のコメントは以下の通り。

 全日本選手権を終え、とんぼ返りでイタリアに戻り、ジロ・ローザ、10日間のステージレースが始まりました。

 ダイジェストはこちら。26分過ぎから私たちです。

Giro Rosa Iccrea – Tappa 1

????‍♀ Il Giro Rosa Iccrea su PMGSPORT???? Prima tappa della 30a edizione ???? Da Cassano Spinola a Castellana ⏱ Una cronometro a squadre che assegnerà la prima maglia rosa???? Chi la indosserà?In collaborazione con Giro Rosa Iccrea

PMG Sport 2さんの投稿 2019年7月5日金曜日

 
観客が多いわけではなく、男子のグランツールのような熱狂も無く、私にとってはいつものステージレース。ただ10日間は長い!

 エースのソラヤにとっては自国開催の大切なレース。彼女のステージのために私達は仕事をすることとなります。

 初日、チームタイムトライアル。ソラヤがピリピリしていました。コースがテクニカルなため、前日の試走の結果、ロードバイクで走ることに(前日の試走中、韓国のアーレムが転んで草むらに落ちてしまい…)。他の上位チームはタイムトライアルバイクでの出場。私達は安全なロードバイク。

 そしてレーススタート。皆でまとまりながら走ります。私はとにかく安全に。コースは上りも下りもしっかりあり、獲得標高も500mを超えています。

レースを走るアレ・チポッリーニ。中央の106番が與那嶺恵理 Photo: Alé Cipollini

 集中しながら走ると、前半で韓国のアーレム、セルビアのエレナがドロップしていて残り4名。ソラヤが時々後ろを振り返りながら気にしているな〜。申し訳ないな。

 ペースも上がり切るような上がりきらないような。4人でローテーションを回し前へ急ぎます。

 ゴールに向け残り5km。上りながらゴール。DS(監督)から無線で檄が飛びますが、ペースを上げるとドイツのロミーがきつくなりドロップ気味。ソラヤ、ナディア、私の3人が待つ状況に。4人目のゴールタイムがチームのタイムになります。これぞチームタイムトライアル。

 ワールドツアーチームでもチーム間の力の差ははっきりとあります。機材の差、事前の準備の差が大きく出てしまった、チームタイムトライアルとなってしまいました。

 優勝したチーム対し初日から2分36秒のタイムギャップか…。私個人の体調は普通です。大丈夫でしょう。チームの空気感は微妙でした。

 しかしジロは止まりません。始まったばかり。ソラヤのステージ優勝に向けて、明日からお仕事がんばります!

全てを力に変えて
與那嶺 恵理

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCI女子ワールドツアー 女子ロードレース 與那嶺恵理

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載