【Teamユキヤ通信】全日本選手権大会ロードレース全日本ロード、新城幸也は積極的に動くも2位 「ワールドツアー選手としてのプライドを持って走った」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・メリダの新城幸也は6月30日、静岡県の富士スピードウェイで開催された「全日本選手権大会ロードレース」に出場し、入部正太朗(シマノレーシング)とのマッチスプリントの末、2位入賞となり、惜しくも優勝を逃した。

積極的に仕掛ける新城幸也(バーレーン・メリダ) Photo: Shusaku MATSUO

 新城は6月27日に行われた個人タイムトライアルが終了後、都内の自宅で休養を取り、30日の全日本選手権に臨んだ。レースは富士スピードウェイに設定された1周10.8kmのコースを21周する227km。朝から激しい雨と風が吹き付け、雨足が弱まると霧が立ち込めるという悪天候の中、152人の選手が出走した。

レース後半に飛び出した3人の勝負に。新城幸也は積極的に牽引した Photo: Shusaku MATSUO

 人数を揃える国内チームに対し、単騎での出場となる新城選手や別府史之(トレックセガフレード)らは、すべての展開に自ら対応しなければならない状況。その中でも新城らはワールドツアーライダーの意地を見せ、積極的な走りでサバイバルな展開に持ち込んだ。

 レースは残り30kmになると集団は30人程度に絞り込まれ、そこから新城を含む3名の先頭グループが形成。新城はペースを上げられない入部、横塚浩平(チームUKYO)に代わり積極的に逃げ集団を牽引。後続集団との差は1分まで開き、けん制が始まった。

 先頭集団からは横塚が脱落し、新城は入部と一騎打ちのスプリントへ。新城に最後まで食らいついていた入部がスプリント勝負を制し、新城は2位でレースを終えた。

2位の表彰台に立つ新城幸也 Photo: Kei TSUJI
「入部選手を千切れなかったことが甘さです」と敗因を分析する新城幸也 Photo: Shusaku MATSUO

 新城の次戦は7月24日から28日まで行われるイタリアのレース、「アドリアティカ・イオニカレース」に出場する予定だ。

新城幸也のコメント

まずは全日本選手権に出場できたことに感謝しかありません。結果については本当に悔しいという気持ちです。全日本王者らしい勝ち方を目指しましたが、最後は入部選手を千切れなかったことが甘さです。入部選手は三味線を弾いた(体力が残っていないフリをして、前を引かない)と言っていましたが、そんなことはすぐに分かりました。アタックについてくるわけですから…。

 国内のチームは人数を揃えて臨みましたが、僕や別府さんは単騎での戦いを強いられます。前半から厳しい展開にしてくれたのは別府さんが積極的に動いてくれたからで、僕も別府さんもワールドツアー選手としてのプライドを持って走り、別府さんの動きがこのレースを作りました。

 3月の落車での怪我から今回が本当に意味での復帰戦です。事故の当初のコンディションはゼロではなく、もはやマイナスでした。しかし、沈んだ分はさらに上げることができます。これからコンディションを上げていき、この悔しさは今後のシーズンに生かします。

 皆さんのサポート、応援ありがとうございました。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

この記事のタグ

全日本ロード2019、新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載