バイクインプレッション2019間口を広げ、奥行きを深めたハイエンドモデル ピナレロ「ドグマF12 DISK」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ピナレロのハイエンドモデルであるドグマシリーズがフルモデルチェンジを果たした。「ドグマF12」は前作からさらに剛性と整流効果を向上。トッププロが求めるスペックを全て備えた至極の一台の走りを試した。

ピナレロ「ドグマF12 DISK」 Photo: Shusaku MATSUO

形状を見直しで整流効果UP

 ドグマはピナレロが送り出すハイエンド車種に代々受け継がれてきたモデル名だ。初代のマグネシウム製フレームから始まり、カーボン製に移行した後は改良を繰り返し、現在は東レのT1100カーボン繊維を採用。進化は素材だけにあらず、剛性や空力レベルをモデルチェンジの度に向上させ、2018年にツール・ド・フランスで個人総合優勝を果たした前作の「F10」をさらに凌ぐスペックをひっさげ、F12はデビューを果たした。

F12 DISKのフロントフォークはディスクブレーキ専用設計 Photo: Shusaku MATSUO

 空気抵抗の削減を考慮した結果、ワイヤーのルーティングを全て内蔵することに成功。ヘッドチューブを上下ともに1.5インチにすることで、スペースを確保し、ワイヤーが通るスペースを確保した。その結果、ヘッド周辺の剛性が上がったほか、エアロ性能もアップ。ダウンチューブとフォークに一体感を持たせたデザインを採用することで、整流効果も高められた。ドグマF10比で7.3%のドラッグが軽減され、時速40kmで8Wの力をセーブすることができるという。ペダリングのパワーを受け止めるBBとチェーンステーはボリュームをアップさせ、さらなる高剛性化が図られた。マッシブな外見となったが重量は前作と変わりがないという。

整流効果が高められた形状 Photo: Shusaku MATSUO
ボリュームアップしたBB周り Photo: Shusaku MATSUO

 ドグマF12はディスクブレーキモデルとリムブレーキモデルをラインナップしているが、それぞれ専用の形状に開発され細部が異なっている。ディスク版はフォークが太く、チェーンステー形状も専用のものとなった。しかし、チーム イネオスが使用している通り、アドバンテージはリム版にもあるといい、仕様に合わせて最適化が図られている。

プロスペック、かつ乗りやすい

前作の「ドグマF10」と乗り比べて、扱いやすさとスタビリティの向上がよく分かった Photo: Shusaku MATSUO

 F12 DISKを試すのに伴い、F10 DISKの感触を改めて確かめたのだが古さは全く感じさせない。続々と登場する他社のハイエンドモデルと比較しても、劣るどころか未だにF10に届かないモデルもあるだろう。それだけ完成度の高いモデルであったが故に、F12がいかに進化を果たしたのか興味津々でニューモデルに跨った。

 “ピナレロらしさ”と表現すればいいのだろうか。誰が乗ってもハンドリング、安定感、剛性、推進力のバランスが高い次元で実現し、その特性はさらに磨きがかけられていた。優れた安定性を誇りつつも、ハンドリングのクセが強かった旧世代のONDAフォークから進化を果たしてきたスタビリティは、速度帯が上がるのと比例して向上。スルーアクスルとあいまって、高速コーナーや下りでも思い通りのラインを描くことができた。倒しこむほどに機敏なハンドリングになるので、乗り手のレベルに合わせた旋回性能を演出してくれる。

間口は広く、奥行きはさらに深くレンジを広げた Photo: Shusaku MATSUO

 剛性が上がったというフレームだが、力をかけなければその片鱗は感じさせない。むしろF10と比べて反発が少ないのではないかと思わせるほど。乗りやすいと思わせるレベルだ。しかし、パワーをかけてもかけても限界は見えてこない。1000Wを超えるスプリントを試しても、フレームの芯はブレず、プロスペックであることを再認識させてくれる。

 このバイクを開発した目的はレースに勝つためであることに間違いはない。それ相応のスペックを纏い、前作の数値を凌駕してきた。だが、アマチュアサイクリストでも扱いやすい乗り味であることも事実。ベース性能が優れているので、加速、曲がる、止まるをバイクがサポートしてくれる。その傾向はF10比から強まった印象を受けた。「体力がないから乗りこなせない」とは決して感じることはないはずだ。だが、成長しても、パワーが上がっても、決して不足に感じさせることはない。間口は広く、奥行きは限りなく深い。挑戦することをいつまでも楽しませてくれるバイクだ。

■DOGMA F12 DISK フレームセット 税抜価格:730,000円
■DOGMA F12 フレームセット 税抜価格:700,000円
■DOGMA F12 DISK D/A Di2 完成車 税抜価格:1,370,000円
■DOGMA F12 D/A Di2 完成車 税抜価格:1,300,000円

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

50万円~ カーボン カーボンバイク バイクインプレッション ピナレロ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載