クイズ形式で交通安全啓発講座 福井・敦賀署

  • 一覧

 高齢者に交通ルールを再確認してもらおうと、敦賀署は25日、敦賀市の櫛林町内公民館で、クイズを使った交通安全の啓発講座を開いた。

交通安全のクイズを出題する敦賀署員ら交通安全のクイズを出題する敦賀署員ら

 この日、市内に住む高齢者約30人が参加。署員3人が標識を描いたカードを見せて、参加者が○×で答えるクイズ形式で行われた。
署員が、イラストを見せて、「電動車いすは自転車と同じく左側通行か」と質問。参加者の意見は2つに分かれたが、正解は「×」。「電動車いすは歩行者と同じ速度で設定されているため、歩行者と見なされる」と述べ、右側通行であり、車道は走らないように呼びかけた。このほかに、オートバイでは必ずヘルメットをかぶり、「止まる」の標識は自転車も止まることなどを教えた。
最後に、署員は「自動車の運転中、居眠りなどで中央線をはみ出して対向車線の車と正面衝突する事故が多い。家族の方にも注意を呼びかけてもらいたい」と訴えた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載