ホームタウンで地域貢献活動キナンチームが三重県いなべ市で自転車安全教室 小学生に安全で楽しい乗り方伝える

  • 一覧

 自転車ロードレースのプロチーム「KINAN Cycling Team」(キナンサイクリングチーム)が6月20日、三重県いなべ市の小学校2校を訪問し、ウィーラースクール(自転車安全教室)を実施した。チームの中西健児アカデミーコーチを筆頭に、椿大志、雨乞竜己両選手が講師として参加。小学校高学年の児童のべ250人が、講義と実技両面から自転車の乗り方を学んだ。

三重県いなべ市内の小学校でキナンサイクリングチームが自転車安全教室を実施 Photo: KINAN Cycling Team / Tomohiro TANAKA

 このウィーラースクールは、ツアー・オブ・ジャパンいなべステージの関連事業として、同ステージをホストとして戦うキナンサイクリングチームが参画する各種取り組みの一環として行われている。5月21日に行われた今年のいなべステージから1カ月後にあたるこの日、午前中員弁西小学校へ、午後には員弁東小学校へと赴いた。

交通安全ルールを解説する中西健児アカデミーコーチ Photo: KINAN Cycling Team / Tomohiro TANAKA

 スクールでは、事前に小学校の近くで撮影した写真を用いて、交通安全のルールなどをクイズ形式で確認。進行役を務めた中西アカデミーコーチと児童たちとの掛け合いで盛り上がりつつ、安全で楽しい自転車の乗り方を学んでいった。

 その後行った実技では、参加児童全員が自転車操縦に挑戦。正面を見ながら走行して一本橋のコース取りをし、一時停止を示すライン上で完全停止。この課題には、日頃から自転車走行に慣れている児童でも難しさを感じていた様子。チャレンジを繰り返していくごとに、仲間をみんなで応援するムードが高まっていき、はじめのうちは緊張していた児童もやがてスキルアップ。なかにはスピードに乗せたままスムーズにすべての課題をクリアしていく児童の姿も見られたほか、椿、雨乞両選手の的確なアドバイスによって走りのコツをつかんだ児童も多数いて、日々のサイクリングへの応用が期待できるものとなった。

一本橋渡りの手本を見せる雨乞竜己選手 Photo: KINAN Cycling Team / Tomohiro TANAKA
一本橋にチャレンジする児童を椿大志選手が見守る Photo: KINAN Cycling Team / Tomohiro TANAKA

 そして、両校ともにメインイベントとして「おそのり競争」で大盛り上がり。数メートル先のフィニッシュラインまで、バランスを保ちながらいかにしてゆっくり進めるかを競うゲームは、大きなハンデを背負った選手たちと児童との真剣勝負。体育館には応援の声が鳴り響いた。

 スクールの締めには、交通ルールを記載したプリントを児童たちへ配布。交通安全の「お守り」としてもらうべく、選手たちからのメッセージも記された。それを手に選手たちとの記念撮影でプログラムはお開きとなった。

員弁東小学校の参加者と記念撮影 Photo: KINAN Cycling Team / Tomohiro TANAKA

 この日のウィーラースクールは、員弁西小学校が4~5年生121人、員弁東小学校が4~6年生129人が参加。両校ともキナンサイクリングチームとのかかわりは深く、員弁西小学校は2年ぶり、員弁東小学校は昨年に続く訪問でもあった。チームのホームタウンであるいなべ市内での地域貢献活動は、今後も継続的に行っていくことが決まっている。6月中には他の小学校で、7月には中学校での交通安全教室を行うことになっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キナンサイクリングチーム 三重県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載